「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

オービックを引っ張る助っ人!アメフト選手ニューハイゼルとは

2017 3/3 09:51
アメリカンフットボール,ⒸShutterstock.com
このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年からXリーグでプレー

大学を卒業したニューハイゼル選手は、その後2016年に来日してアメフトをプレーする選択をします。 前述したシーガルズに入団することになったニューハイゼル選手は、日本を代表するQBとして知られている菅原俊選手とのターンオーバーで起用されるようになるなど、早くもその頭角を現す活躍を見せるようになりました。
QBは負担の大きいポジションだけに、2人のQBを中心に据えてチームを引っ張る活躍が今後も期待されています。

状況判断にたけたプレーが魅力

次にニューハイゼル選手のプレーの特長の解説しましょう。 ニューハイゼル選手は、その時々のシチュエーションに応じてプレーする能力に長けていて、前述のクレバーさを存分に生かしたプレーをしています。QBのように攻撃の司令塔の役割を担うポジションは、さまざまなポジションの選手を引っ張る必要があるので、この能力はまさにQBとして必要なものといえるでしょう。
今後チームになじんでいけば、さらに精度も上がってくると思われるので、その点も期待が持てます。

シーガルズを優勝に導く活躍を

Xリーグにおける名門チームとして知られるシーガルズですが、惜しくも今期はライスボウル進出を逃すという結果に終わってしまいました。
毎年優勝を期待されているチームということもあるので、チームの戦術をしっかりと理解したニューハイゼル選手が来年もチームに残るということがあれば、これほど心強いことはありません。 本場の名門で培われたその技術を存分に発揮してもらい、シーガルズを優勝に導く活躍をしてもらいたいですね。

まとめ

日本を代表する菅原選手が所属しているということもあり、シーガルズのQBの層は非常に厚くなっているといえるでしょう。 今後どのような起用がなされていくのかということについても、注目していきましょう。

おすすめの記事