「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アメフトにおける聖地を紹介

2017 3/3 18:51
アメフト
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by EFKS/Shutterstock.com

スポーツには「聖地」と称される印象的なスタジアムがあるが、アメリカンフットボールにおける聖地とはどのような場所が該当するのだろうか。 本稿では、アメフトの聖地となるスタジアムを紹介していく。

実はアメフトでも!甲子園球場

甲子園球場というと、高校野球選手における聖地としておなじみだが、実はアメフトにおいても甲子園ボウルが開催される聖地なのだ。 甲子園ボウルは全日本大学アメリカンフットボール選手権大会決勝戦のことを指し、日本における最高の大学を決めるという、とても権威のある大会だ。
甲子園には甲子園歴史館があり、事前に申し込んでおくとスタジアムツアーなども行っている。また近隣にはショッピングモールのららぽーと甲子園、キッザニアなどもあり、家族で訪れても楽しめるだろう。

東京ドームで日本一が決まる!

甲子園ボウルで決まった学生代表と社会人チーム代表が決し、日本一を決定するライスボウル。今の学生代表と社会人代表とで決める形式(1948?1983までは学生東西対抗戦であった)になったのは1983年以降。
日本の頂点を決めるアメフトの試合としてライスボウルが開催されてきた場所は当然聖地と言えよう。1991年まで国立霞が関陸上競技場だったが1992年以降は東京ドームで行なわれている。2017年1月3日に行われた試合では富士通フロンティアーズが関西学院大学を制している。
東京ドーム周辺は後楽園ラクーア、宇宙ミュージアムTeNQなどがあり、後楽園遊園地の名残の乗り物やスパ施設など、子供も大人も楽しめるところがたくさんある。

おすすめの記事