「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アメフトのレジェンド選手のライバル関係:ブレイディとマニング

2017 2/16 19:10
アメリカンフットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by melis/Shutterstock.com

どのようなスポーツにおいても、選手同士のライバル関係は、互いの向上を生むし、ファンの盛り上がりの材料になる。 アメリカンフットボールにおけるレジェンド選手、トム・ブレイディ選手とペイトン・マニング選手のライバル関係を紹介していく。

トム・ブレイディとペイトン・マニングがNFLのQBの最高峰に

今回紹介するトム・ブレイディ選手とペイトン・マニング選手は、アメリカンフットボールの本場NFLを大い盛り上げることになったスター選手だ。
2人は同じポジションというだけでなく、年齢が近く、QBや所属チームとしての記録をたくさん所持しているという点でよく比較されている。 ライバル関係の選手たちは非常に多いが、これだけ実力が拮抗しているということは非常に珍しく、誰もがそのライバル関係を認める存在だ。

トム・ブレイディ選手の功績を振り返る

まずトム・ブレイディ選手にフォーカスして、功績を振り返る。
2000年からニューイングランド・ペイトリオッツでデビューすることになったブレイディ選手は、2年目にレギュラーになると、そのままペイトリオッツを史上初の優勝に導き、スター選手として認知されるようになる。その後もTDパスといったQBとしての記録を更新し続けながら、「ペイトリオッツ王朝」と称される黄金期を創設する活躍を見せたのだ。
個人としても、フランチャイズプレイヤーとしても、文句のつけようのない生ける伝説といえるだろう。

ペイトン・マニング選手の功績を振り返る

一方のペイトン・マニング選手は、全体では199位とそこまで注目されていなかったブレイディ選手とは対照的に、全体1位という大きな期待を受けてインディアナポリス・コルツに入団した。
すぐにレギュラーをつかんだマニング選手は、ブレイディ選手とさまざまな記録を塗り替え合う目覚ましい活躍を見せ、史上最多となるリーグMVPを5回獲得するという偉業を成し遂げた。 マニング選手も個人・チーム両面で大きな結果を残した選手であり、ファンはこれだけのQB2人を同時期に見られるという奇跡に遭遇していたのだ。

2人の直接対決の結果は?

以上のように文句のつけようのない記録を残してきたこともあり、比較がさらに激化する2人だが、いったい2人のチームの直接対決ではどのような結果になっているのだろうか。
ペイトリオッツ一筋のブレイディ選手と、インディアナポリス・コルツとデンバー・ブロンコスの2チームに所属歴のあるマニング選手は、これまでに17回直接対決したが、ブレイディ選手の所属チームペイトリオッツが11勝6敗と勝ち越している。
プレーオフという大舞台での試合も含まれており、ファンを大きく沸かせる戦いが多かったことが特徴だ。

マニング選手の引退により、現役での対決に一段落

2016年にマニング選手が引退したことにより、ブレイディ選手とマニング選手の戦いは一段落することになった。 しかし、2000年代を大いに盛り上げることになった彼らの姿は、多くのファンの目に焼き付いており、これからも2人が残してきた多くの伝説が語られることになるだろう。
これからのブレイディ選手の現役選手としてのさらなる活躍と、マニング選手の今後のアメリカンフットボールにおける活動に期待したいところだ。

まとめ

偉大な2人のライバル関係というのは非常に珍しいので、多くの人が心震わせたことだろう。 これからも彼らのような高いレベルでの切磋琢磨を見ることができれば、スポーツファンにとっても楽しみなポイントが増えていく。

関連記事

おすすめの記事