「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アメフトの強い国って一体どこ?5つの強豪国を一挙紹介!

2016 12/1 16:42
アメリカンフットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://japan.americanfootball.jp/

ワールドカップがあるほど、アメフトは全世界で親しまれているスポーツです。 ところで、アメフトの強い国をご存じですか? 今回は、5つのアメフト強豪国をご紹介します。

アメフト発祥の地アメリカ

「アメリカンフットボール」という名前から分かるように、アメフトはアメリカ生まれのスポーツです。アメリカはワールドカップで過去に3回連続優勝を果たし、世界で一番強い国といっても過言ではありません。 プロアメリカンフットボールリーグNFLの優勝決定戦「スーパーボウル」は、アメリカ最大のスポーツイベントとなっています。テレビでも年間最高視聴率を記録するほどの人気であり、「スーパーボウルサンデー」という言葉が存在しているほどです。

日本も「アメフトの強豪国」として知られている

日本は「アメリカの次に強い」と言われるほど、アメフトが強い国です。ワールドカップで、日本は第1回(1999年)、第2回(2003年)で優勝を果たしました。また、第3回(2007年)と第5回(2015年)では準優勝を果たすなど、きわめて優秀な実績を残しています。 国内アメフトリーグも盛んであり、社会人リーグにはXリーグ、パールボウル、グリーンボウル、社会人と学生の混合リーグにはライスボウル、えびすボウル、神戸ボウルなどがあります。

メキシコは日本と同レベルの強豪国

メキシコは、日本と「因縁のライバル」の関係にあります。ワールドカップでは、第1回(1999年)、第2回(2003年)とも決勝で日本に負けて準優勝に終わりました。第5回(2015年)でも日本に敗れ、3位入賞で幕を閉じました。しかし、2016年の「U-19 世界選手権大会」では、メキシコが3位、日本が4位という結果が出ています。 日本と同じレベルの実力があるため、今後も「日本対メキシコ」の試合は接戦になることが多いでしょう。

ドイツはヨーロッパの強豪国

ドイツも、アメフトのワールドカップに参加している強豪国です。第2回(2003年)と第3回(2007年)では3位入賞を果たしました。また、アメフト国内リーグ「GFL(ジャーマン・フットボールリーグ)」は、1979年に発足した歴史のあるリーグです。南北8チームずつ、計16チームが優勝争いをするため、とても盛り上がりを見せています。 ドイツは「ヨーロッパにおけるアメフト大国」とも呼ばれており、今後とも活躍が期待されている強豪国です。

今後の活躍が気になるカナダの実力

2011年のワールドカップで、見事に準優勝に輝いたのが「カナダ」です。アメリカに勝つことはできませんでしたが、これまで優勝・準優勝のみという実績をキープしていた日本を破った国です。 カナダでは国内リーグも人気があります。「カナディアンフットボール」では、優勝チームに与えられるグレイ・カップ獲得を目指し、東西に分かれて対戦します。アイスホッケーやバスケットボールと同じくらい、カナダで人気を集めているスポーツです。

まとめ

ワールドカップに出場している国は、どこも「アメフトが強い国」として知られています。 その中でも、今回挙げた5つの国は別格の強さです。 2019年に次のワールドカップが開催されるため、ぜひ強豪国同士の戦いをチェックしてみましょう。

関連記事

おすすめの記事