「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

観戦前に知りたい、アメフト装具の基礎知識5つ

2016 12/1 16:42
アメリカンフットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Richard Paul Kane / Shutterstock.com

アメフトを観戦するとき、選手がどのような装具を付けているのかを知っておくと、より楽しく観戦できます。 どのような目的で装着しているのか、効果や付け心地はどうなのかについて、詳しくご紹介します。

装具の基礎知識

アメフトの装具とは「防具」と「ユニフォーム」の総称です。アメフトの防具は、すべて合わせると8kgもある重装備です。装具があるおかげで、選手がけがをしなくて済みます。負傷軽減効果もあるため、アメフトの選手には必要不可欠な存在です。 また、装具は正しく装着していないと「反則」扱いになります。装具の付け心地が良いと選手のパフォーマンス向上につながります。特にユニフォームは、デザイン以上に「機能性」を重視しているのが特徴です。

アメフトのヘルメットについて

1トンの衝撃にも耐えられると言われるほど、アメフトのヘルメットは頑丈です。ヘルメットには頭部を守る役割があり、表面はプラスチックに覆われています。ヘルメットの中にはウレタン製のパッドが入っており、衝撃吸収の役割をしています。ゴムチューブも入っており、空気圧によってフィット感を調節するのが役割です。 ヘルメット以外にも、顔面を保護する「フェイスマスク」や、顎の部分に装着してヘルメット固定をする「チンストラップ」があります。

おすすめの記事