「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

日本にはいつ普及した?アメフトの歴史を紹介

2016 12/1 16:42
アメリカンフットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by melis/ Shutterstock.com

アメフトはアメリカでは大人気のスポーツとなっており、日本でもその人気は衰えていません。 そんなアメフトはいつどのようにして誕生したのか、日本や世界ではどのくらい普及しているのかなど、アメフトの歴史をご紹介したいと思います。

アメフトの始まり

1867年にアメリカで初めてイギリスのフットボールを始めたのがプリンストン大学と言われています。
はじめはサッカーのルールでプレーしていて選手は25人の計50人で行われていました。最初の試合を行ったのは、大学対抗試合で、サッカータイプのゲームをプリンストン大学とらとガーズ大学がプレーしキックかヘディングによるゴール数を競い合うものだったそうです。この時点でのボールはまだ丸い形状のものを使用しており、6点先取で試合が決まっていました。まだ投げたりするようなルールは認められていなかったとされています。

アメフトのルールが整備された年

1874年にハーバード大学とマギル大学の試合が行われた時に、原始のフットボールルールが採用されましたが、この時も曖昧なルールがあったため、より整備することが検討されました。
そして1876年、元々はラグビー選手として活躍していたウォルター・キャンプが呼びかけ、マサソイト会議が開かれることになりました。この会議によって基本的なルールが決められたと言われています。そのルールは、プレイヤーの人数は11人、10ヤード進めなければ第4ダウンで攻撃権を失う、攻撃の始まりはセンターからクォーターバックにボールをスナップしてからといったものでした。
しかし、20世紀に入ると試合中の事故や負傷者が非常に多く、一時は殺人ゲームとまで呼ばれるようになってしまったため、試合時間の縮小やフォワードパスの導入など、1906年にルールが改正されました。その後も1912年まで、よりプレーやの安全面を考慮したルールへ見直され、現在のルールが誕生しました。

おすすめの記事