「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

アメフトの基本ルールを5つにまとめて紹介

2016 12/1 16:42
アメリカンフットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Oleksandr Lysenko/ Shutterstock.com

アメフトのルールは初心者からしてみれば複雑に感じることがあるかもしれません。 しかし、基本的なルールさえ理解していれば、ただ観戦するよりもっとアメフトを理解することができます。 今回はアメフトのルールについて5つにまとめて分かりやすく説明します。

アメフトの試合時間

アメフトはカウントダウン形式で計時し、試合時間は60分です。各節を15分づつに分け、これをクォーターと呼びます。前半が1、2クォーター、後半が3、4クォーターになり、その間に1分から数分間のクォータータイムと呼ばれる休憩時間を挟みます。 プレーの途中で反則などによって計時がたびたび止まることがあるため、実際の試合時間は約2時間以上となることがほとんどです。 日本の大学生リーグの場合は1クォーター12分、試合時間は48分となっているなど、リーグごとに異なる場合があります。

アメフトの勝敗の決め方

4クォーターが終了した時点で得点をより多く獲得しているチームが勝利となります。また、試合が終了した時点で同点の場合は引き分けとなりますが、勝敗を決めなければいけない場面では延長戦となります。 NFLでのルールでは、同点の場合には15分のオーバータイムという延長戦を行います。この延長戦は、先攻チームがタッチダウンすれば、そこで勝利確定となりますが、フィールドゴールであれば、後攻チームにも攻撃権が与えられることになり、タッチダウンを取れば逆転勝利となります。

おすすめの記事