「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

レジェンド級柔道選手のライバル関係

2017 7/10 10:25くらげ
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by ostill/Shutterstock.com

日本を代表する柔道の金メダリスト、井上康生さんと松本薫選手。彼らのライバルは誰だったのだろうか。 また、女子柔道のレジェンド、谷亮子選手に現役時代ライバルがいたかどうかも言及する。

男子100kg超級のライバル、井上康生さんと鈴木桂治さん(1)

井上康生さんは2000年シドニー五輪男子100kg級の金メダリストである。2016年のリオデジャネイロ五輪では全日本男子の監督として、2つの金メダルを含む全7階級メダル獲得に導き、低迷していた男子柔道を復活させたとして話題となった。
鈴木桂治さんは2004年アテネ五輪男子100kg超級の金メダリスト。2015年の春、国士舘大学体育学部准教授に就任している。
井上さんが100kg級、鈴木さんが100kg超級と階級が違うのだが、元々は二人とも100kg級で切磋琢磨していた。自他ともに認めるライバルであった。

男子100kg超級のライバル、井上康生さんと鈴木桂治さん(2)

井上康生さんと鈴木桂治さんがお互いをライバルと認識したのは国士舘高校の時。同じ階級を争うエース同士だった。
3歳から柔道を始めた鈴木桂治さんは、めきめきと頭角を現すも、既に活躍していた井上康生さんには一歩敵わず、2003年の世界柔道選手権では無差別級に階級を変更し、金メダルに輝く。同大会、井上康生さんは100kg級で金メダルだった。
無差別級で優勝したものの、鈴木桂治さん自身は100kg級への出場にこだわりを見せていた。ライバルの井上康生さんを意識していたのだろう。

おすすめの記事