「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

パラリンピック柔道の見どころやルール

2017 2/16 10:10
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by A.RICARDO/Shutterstock.com

パラリンピックの柔道について、独自のルールや日本選手団のメダル獲得の歴史、パラリンピック柔道ならではの見どころなどをご紹介します。

パラリンピック柔道は視覚障がい者を対象とした柔道

他のパラリンピック競技は身体に障がいを持つ選手を対象とした競技が多い中、パラリンピック柔道は視覚障がい者を対象とした競技となります。試合のスタートに独自のルールがあります。
柔道は選手がお互いに離れた位置から試合が始まりますが、パラリンピックの柔道は選手2人がお互いの襟と袖を持って組み合った状態から始まります。 障がいがあっても問題なく競技ができるように工夫されているほかは、オリンピックの柔道とほとんど変わらないルールで運営されています。

パラリンピック柔道のクラス分けと階級

パラリンピックでは公平性に基づき、競技によっては障がいの程度によってクラス分けが行われます。 たとえば、視覚障がいの場合は、B1「全盲」、視力0.03までもしくは視野が5度以内のB2「弱視」、視力0.04~0.1もしくは視野20度以内のB3「弱視」と、3つのクラスに分けることが可能です。
しかし、パラリンピックの柔道では公平性に問題がないため、全盲の選手も弱視の選手もクラス分けをせず一緒に戦います。 五輪の柔道と同じように体重での階級分けがあり、男子7階級、女子6階級で行われます。

おすすめの記事