「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【福岡】高校柔道部 強豪校

2017 2/16 10:10
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Giampiero Acri/Shutterstock.com

高校柔道の3大大会、インターハイ、金鷲旗高校柔道大会、全国高高校柔道選手権大会で数々の全国優勝を勝ち取る高校柔道の女王『敬愛高校』を始め、福岡県には他にも柔道強豪校、注目選手がたくさん存在する。今回は福岡県の柔道強豪校を紹介したい。

2015年、2016年連続で日本一を勝ち取った女王「敬愛高校」

2015年には金鷲旗高校柔道大会で、2016年は全国高校柔道選手権大会で見事全国優勝を果たした女王「敬愛高校」。創部当時から選手たちの指導にあたっている吉元幸洋監督のもと、選手たちは日々厳しい稽古に励んでいる。
見事日本一の座を勝ち取った選手権大会では、キャプテンである小柳穂乃果選手をはじめ、部員全員が一丸となって優勝を勝ち取った。同大会では、決勝での終盤、2年生の大将・児玉ひかる選手の残り18秒での「一本」。児玉選手は、最優秀選手にも選ばれた。

福岡、高校男子柔道部の王者「大牟田高校」

アテネオリンピックに出場した塘内将彦氏、全国の舞台で活躍する柔道家である高橋和彦氏、立山広喜氏、また全日本柔道連盟審判委員長の西田孝宏氏など、多くの一流選手・柔道家を輩出しているのが「大牟田高校」だ。
2015年の金鷲旗高校柔道大会では4年ぶりに3位入賞を果たした。2016年度のインターハイ予選の男子団体は見事に優勝を勝ち取り、個人戦でも小西誠志郎選手、友清光選手、久保大喜選手、西田将樹選手の4名が優勝、7階級中4つの階級で優勝を勝ち取っている。目標である全国優勝に向かって、選手たちは日々稽古に励んでいる。

九州高校新人大会ベスト4!「福岡大付属大濠高校」

2016年11月に行われた九州高校柔道新人大会で、男子団体で福岡代表の1校として出場し、見事ベスト4入りした「福大大濠」。目標はやはり全国優勝。「大濠柔道」の正攻法で戦い続けている。
同年のインターハイ予選では、個人戦では66kg級の湯本崚真選手、100kg級の岡野峻法選手が見事優勝を勝ち取り、全国大会出場を果たした。また、湯本選手は九州ジュニア柔道体重別選手権、高校柔道選手権大会でも優勝を勝ち取るなど、全国の舞台に数多く立っている。

インターハイ予選・九州新人大会準優勝「南筑高校」

「南筑高校」に在学中の素根輝選手は、個人70kg超級で世界カデ柔道選手権大会で金メダル、グランドスラム東京2016の舞台で銀メダルを獲得し、高校1年生ながら世界を舞台に活躍する柔道家である。
2016年のインターハイ予選では女子団体で準優勝を果たした。同年の九州新人大会でも準優勝、個人戦でも多くの選手が全国大会出場を果たし、日々の稽古に励んでいる。金鷲旗大会では準決勝まで進んだが、王者敬愛に惜しくも敗れてしまった。今後も注目したい強豪校である。

男子女子共にインターハイ予選3位入賞「沖学園高校」

安正煥氏、松田邦恵氏、近藤香氏、丸山城志郎氏など、世界で活躍する多くの柔道家を輩出した「沖学園」。
2016年のインターハイ予選では男女共に3位入賞を果たした。創立100周年記念大会だった同年に行われた金鷲旗柔道大会では、男子団体で予選5回戦まで順調に勝ち進むも、同じく強豪校である愛知県の大成高校に敗れてしまった。インターハイ予選の個人戦では48kg級の田崎ほのか選手が見事優勝を勝ち取り、全国大会に出場。男子個人も多くの選手が上位入賞を果たした。

まとめ

福岡にある柔道部の強豪校を5校紹介した。日々厳しい稽古に励む選手たちの気迫あふれる試合は、笑顔や涙もあり感動を誘う。 全国の舞台で活躍する選手たちの試合も見ることができる地方大会。ぜひ一度観戦してみてほしい。

関連記事

おすすめの記事