「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大阪府で柔道が強い高校はどこ?強豪校紹介

2017 2/16 10:10
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Master1305/Shutterstock.com

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは金メダルを獲得するなど、柔道王国日本が復活し始め東京オリンピックでの活躍も期待されます。そこで今回は東京オリンピックで活躍する選手が出てくるかもしれない高校柔道、その中でも大阪府の強豪校に焦点を当て紹介したいと思います。

圧倒的な力を誇る東海大学仰星高校男子柔道部

東海大学仰星高校は大阪府枚方(ひらかた)市にある高校です。ラグビー部が全国大会の常連で過去には優勝したこがあったり、サッカー部や野球部も全国大会に出場経験があったりするなど府内のみならず高校の名前を聞いたことのある人は多いかもしれません。
柔道部に関しても強豪校と知られていて、2016年の高校総体(インターハイ)大阪予選で優勝し、11年連続25回目のインターハイ出場を果たすなど大阪では圧倒的な力を誇っているチームと言えます。 また、OBの古根川実氏は、日本代表の選手、コーチとして活躍されていたことからも東海大仰星のすごさがつたわるのではないかと思います。

強さの秘密は系列校にあり?

東海大仰星高校の強さの背景の1つに考えられるのが、東海大学系列であるということがあげられます。東海大学の系列高校は全国にたくさんあり、例えば千葉にある東海大浦安高校はリオデジャネイロオリンピックで優勝したベイカー茉秋選手の出身校ですし、神奈川の東海大相模高校も全国大会に何度も出場したことがあります。
この東海大学系列の高校では毎年東海大学学園オリンピックと称してスポーツを始めとする各分野の生徒が集まり大学の先生などから専門的な観点を用いて力を伸ばす行事が行われているのです。全国でもトップレベルの選手との関わりを持てることが強みの1つとなっていると思われます。

過去にはインターハイ優勝経験も!東大阪大学敬愛高校女子柔道部

続いては女子柔道の強豪校として知られる東大阪大学敬愛高校女子柔道部を紹介します。東大阪大学敬愛高校は東大阪市にある高校で2005年までは女子校でしたが2006年より男女共学の高校となっています。 東大阪大学という名前を聞いたことがあるという人がもしかしたらいるかもしれません。実は、東大阪大学敬愛の関連校に東大阪大学柏原という高校があり野球部が甲子園に出場したことがあります。
東大阪大学敬愛高校は2014年のインターハイ女子団体で初優勝を果たしています。インターハイ優勝と書くだけでその強さは十分わかるのではないかと思います。ちなみにこの時チームを率いていたのは平田勝美監督で、インターハイ史上初の女性監督のチームによる優勝という快挙を成し遂げています。
2016年のインターハイ予選においては団体戦では準優勝となり団体でのインターハイ出場は逃しますが、個人では全7階級のうち4階級(52kg級、57kg級、63kg級、70kg級)で優勝しそのうち63kg級の嘉重春樺選手はインターハイ本選でも3位に入るなどその強さは今も健在です。
過去には世界大会出場選手も輩出しているくらいの強豪校なので、今後の活躍にも期待です。

まとめ

ここまで大阪府で柔道の強い強豪校をニ校、男女それぞれ紹介してきました。男子では東海大仰星高校がかなりの強さを見せていて今後もさらにその強さを発揮するのか、それとも新たな強豪校が出てくるのかが見ものになるのではないでしょうか?一方の女子は、今回紹介した東大阪大学敬愛高校がインターハイ優勝経験はあるものの、2016年のインターハイ予選で団体が敗退するなど、他の高校も強さを見せていて群雄割拠の状況と言えます。こちらはどの高校がここから抜け出すのかが楽しみなところです。 この高校の中から将来のオリンピック選手が出てくるかもしれません。今後に期待しましょう。

関連記事

おすすめの記事