「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

静岡県にある強豪柔道部のご紹介

2017 2/16 10:10
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by sportpoint/Shutterstock.com

静岡県には柔道部を有する高校が多くありますが、その中でも強豪と言われている高校をご紹介します。

中高一貫で6年間柔道を続けられる静岡学園高等学校

静岡学園高等学校は、真のエリート、リーダーの育成を目指し、自分の力で深く考えて決定でき、周囲の人と意見交換を通じて責任をもって行動し、努力を惜しまない人材を育成しています。
柔道部は高校総体柔道で優勝、全国大会に出場したり、全国高校柔道選手権大会の静岡予選で2年続けて優勝したりと、個人でも団体でも実力がある素晴らしいチームです。日々稽古を行い、厳しい練習も積み重ねています。中等部にも柔道部があり、6年間柔道部で鍛えることができます。

自分の夢を見つけられる藤枝順心高等学校

藤枝順心高等学校柔道部は、平成27年度の全国高校総合体育大会に出場し、78キロ級で3位の成績を収めています。また、全日本ジュニアオリンピック柔道体重別選手権大会では48キロ級で優勝を果たし、全国大会への出場を決めました。
夢、心、絆をモットーとした教育理念のもと、充実した環境の中で生徒同士がともに成長しあえる良い雰囲気の学校です。中等部から柔道を続けている生徒もおり、皆切磋琢磨しながら毎日練習に励んでいます。

文武両道を目指す静岡翔洋高等学校

翔洋高等学校は、文武両道を目指す進学校であり、文理融合で偏りのない学習を行い、先進的な理数教育英語教育に取り組む学校です。高大一貫教育の大学付属高校であり、国公立大学や難関私立大学を目指して勉強に励んでいます。
柔道部は精力、善用、自他共栄で心技体の充実を図り、心の成長を目的としています。日々厳しい練習に耐えながら全国制覇を目標に日々練習に精進しています。部員全員が一丸となって謙虚に前向きに取り組んでいます。柔道の技だけではなく、人として大切な挨拶、返事、言葉遣いも的確にして、質の高い練習、稽古を目指しながらチームの和を強めることにも力を注いでいます。

知、情、意がバランスのとれた心身を目指す富士市立高等学校

富士市立高等学校は、学力の向上やコミュニケーション能力、社会に貢献する意欲、探求する力を育みながら、知、情、意のバランスがたくましい自律した人間育成力を注いでいます。
女子柔道部は高校総体で6階級で優勝を果たし、県大会への出場を決めたり、県大会では女子団体で3位となり東海大会への出場を果たしています。練習は火曜日から日曜日に行い、厳しい稽古、練習をしながら日々体を鍛えています。ほぼ月に1~2回のペースで大会に出場して、実践で技にも磨きをかけています。

まとめ

静岡県にある柔道の強豪校、注目校についてご紹介致しました。 柔道はオリンピックでもメダルを獲得することができる競技であるため、日々の練習が厳しい高校も多いと思われます。 静岡県の高校から日本、世界へと通用する柔道選手が輩出されることを期待致します。

関連記事

おすすめの記事