「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【東京都】高校柔道部の強豪校

2017 2/16 10:10
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by sportpoint/Shutterstock.com

2016年のインターハイでは、団体3連覇を成し遂げた国士舘高校をはじめ、2位にも日体大荏原高校が入るなど、東京都にある高校の柔道部はかなりハイレベルである。他にも全国制覇を目指す足立学園高校、男女共に強豪である修徳学園高校、インターハイ予選で優勝経験のある淑徳高校。今回は東京都の柔道部強豪校を5校ご紹介したいと思います。

2015年は3冠、インターハイ3連覇達成!王者「国士舘高校」

2015年度はインターハイ、金鷲旗高校柔道大会、選手権大会の三冠を見事に勝ち取り、2016年のインターハイでは団体優勝3連覇を達成。まさに王者とも呼べる強豪・国士舘高校の柔道部は、短時間集中の練習で、3時間半ほどの間にさまざまなメニューをこなしていくというスタイル。出身者からは、数多くのオリンピック選手が生まれている。
2016年度、3年生の飯田健太郎選手は、個人100kg級で優勝、同年4月に行われた全日本選抜柔道体重別選手権大会には、高校生で唯一出場を決め、2020年の東京五輪出場も期待されている。また、100kg超級では磯村亮太選手も優勝を果たしているのだ。
国士舘高校は女子柔道部も強く、東京都高等学校総合体育大会(インターハイ予選)では3位入賞を果たしている。

2016年度、高校柔道選手権大会初優勝!「日本体育大学荏原高校」

2016年には柔道では3大全国大会の1つである金鷲旗高校柔道大会で、念願の初優勝を勝ち取った。大会創設100周年記念大会での初優勝は見事だった。インターハイ団体では惜しくも優勝を逃し、準優勝となってしまったが、全国大会上位常連の強豪校である。個人では66kg級で3年生の原田健士選手と、90kg級で同じく3年生の長井晃志選手が優勝を果たした。
全国大会優勝、日本一を目指し、日々厳しいトレーニングを積む選手たちは、併設校の日本体育大学柔道部とも定期的に合同練習を行い、日本トップレベルの選手たちと共に稽古に励んでいる。

おすすめの記事