「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【千葉県】高校柔道部の強豪校

2017 2/16 10:10
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by sportpoint/Shutterstock.com

私立高校、公立高校ともにレベルの高い柔道強豪校が数多く存在する千葉県。 全国の舞台で活躍する選手たちも多く輩出している。 今回は、千葉県にある柔道強豪校を5校紹介しよう。

千葉県の王者「木更津総合高校」

高校柔道選手権大会をはじめとする、数々の県大会で優勝を総なめにする木更津総合高校柔道部。男子部、女子部ともに強豪校として知られている。
2016年度は全国高校柔道選手権大会に出場し、前年度のベスト16を大きく上回る3位入賞を果たした。同大会では、準決勝で日体荏原高校と戦い、惜しくも黒星をつけられたが、出場2回目での3位入賞という快進撃を見せてくれた。 大会創設100周年記念大会だった金鷲旗高校柔道大会では予選トーナメントを勝ち抜き、ベスト8という好成績を収めた。

女子柔道部の覇者「八千代高校」

千葉の女王とも言える女子柔道部の強豪、八千代高校。県大会では、団体・個人ともに多くの優勝記録を残し、2016年度の関東大会千葉予選では10度目の優勝、千葉県高校総体(インターハイ予選)では2連覇を達成し、9度目の優勝を手にした。
金鷲旗高校柔道大会では、ベスト16入りを果たした。関東高等学校柔道大会では、78kg級の吉田菜美選手が見事に優勝を決めるなど、全国高校選手権大会などの千葉県大会では多くの選手が優勝・上位入賞を果たしている。

攻め続ける柔道「東海大浦安高校」

短時間集中型の稽古で礼儀を重んじ、攻めの柔道で選手達を引っ張っていく竹内徹監督のもと、2012年には全国初制覇を達成した東海大浦安高校。特別なメニューはあえて作らず、基本的な練習を、手を抜かずに集中して稽古し、強く謙虚な柔道家を育てたいと監督は言っている。
高校総体(インターハイ)千葉県大会では準決勝まで勝ち進み、3位入賞。個人戦では90kg級で戸羽優弥選手が見事優勝を手にした。同大会では山中堅盛選手も入賞を果たしている。

個人戦60kg級全国初優勝「習志野高校」

2016年度全国高校柔道選手権大会で悲願の全国初優勝を手にした2年生の市川龍之介選手は、個人戦60kg級で日本一の座を獲得した。3年生の内田海翔選手は全日本カデ、国際大会で優勝を手にしている。
同年6月に行われたインターハイ県予選では団体3位。高校柔道3大大会のひとつ金鷲旗にも出場を果たし、予選トーナメントを4回戦まで勝ち進み、どの選手も大いに健闘した。 また、千葉県体重別選手権では主将の石渡雅大選手が100kg級で見事優勝。個人でも団体でも力をつけ、伸び続けている強豪校のひとつである。

個人・団体ともに活躍「市立柏高校」

高校柔道の2大大会のひとつインターハイの女子団体戦で、1998年~2000年に史上初の3連覇を達成するなど歴史のある強豪校、市立柏。
2016年度の大会では、関東大会千葉県予選、インターハイ予選ともに男子団体戦5位入賞を果たしている。個人戦では66kg級で3年生の澁谷蓮選手が優勝して全国大会への切符を手にした。澁谷蓮選手は、前年度にも全日本カデ柔道体重別選手権大会で3位に入賞するなど、全国の舞台で活躍してきた。 関東大会では優秀校にも選ばれている。

まとめ

千葉県にある高校柔道部強豪校を紹介してきた。 日々の稽古に励む若い柔道家の高校生選手たち。実際に武道館で見る試合は迫力満点だ。 是非これを機に、生で試合を観戦してみることもオススメする。

関連記事

おすすめの記事