「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

柔道の投技を上達させるコツとは?

2017 1/30 12:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by onot/shutterstock.com

数多く存在する柔道の技の中でも、花形として知られる投技。 今回はそんな投技の上達のコツを、わかりやすく紹介していきます。 投技の実践、練習の際の参考にしていただければと思います。

投技はセンスが命?

そもそも、「投技はセンスが命」とも言われる技です。寝技は練習次第で上手くなることができると言われているのに対して、投技はその人が元々持っているセンスが悪ければ、上手くはならないと言われています。
しかし、投技も練習によって上達が可能な技です。技をかけるまでの持ち込み方、投げる瞬間、そのすべてにおいて練習と経験がものを言います。練習が無駄になることはありません。決して諦めずに練習していただければと思います。

まずは筋力が大事!

柔道では、相手の力を上手く受け流すことによって、さまざまな技をかけていきます。しかし、投技は相手の体を持ちあげることによって技をかけるものです。ベストは筋力を使わず相手の力の受け流しによって投げることですが、それでも筋力があるに越したことはありません。最終的な決め手になるからです。 背負い投げならば、相手を背負う間合い、体勢に入ることができても、そこから持ち上げなければ意味がありませんよね。この時、相手が大柄な選手であればなおさらです。
そのため、まずは筋力トレーニングが必要不可欠でしょう。

おすすめの記事