「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

柔道家、田知本遥の功績や凄さとは?

2017 1/30 21:11
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典: http://www.asahi.com/?iref=com_gnavi_top

柔道家・田知本遥選手の功績や凄さに迫っていく。 田知本遥選手の魅力や経歴などを、わかりやすく紹介したいと思う。

田知本遥選手のプロフィール

田知本遥選手は、1990年生まれで、階級は70キロ級。身長は167センチ。お姉さんである田知本愛選手の影響を受けながら、小学校2年生の時から柔道を始めた。最初は他の友達が習っていたピアノを習いたいと思っていたそうだが、そのことが許されず柔道を続けることになったそうだ。
嫌だと思いながらも続けた柔道だったが、彼女は非常に熱心な選手で、練習はめげずに取り組んだ。そのおかげで、性別に関係なく多くの子どもたちの中でめきめきと才能を開花させていった。

真っ直ぐに正直な攻めの柔道が武器

田知本選手は、自身の柔道は「ガツガツ攻めること」が得意だ語っており、逆にフェイクをかけるような細かな技には向いていないとしている。
その言葉からもわかるように、田知本選手は常に攻めの柔道を展開している。一歩も退かない姿勢は、観ていて危なっかしさを感じることもあるのだが、退いた選手は一気に負けてしまうのだ。 観ていて楽しい柔道をする選手は、特に応援したくなるものだ。

おすすめの記事