「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【埼玉県】柔道の強豪校を近年の試合成績と共に紹介!

2017 1/25 10:28
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by sainthorant daniel/Shutterstock.com

全国でも上位にランキングされるほど、高校数が多い埼玉県。 スポーツに力を注いでいる高校も多く、たくさんのプロスポーツ選手やメダリストが生まれている。 柔道も盛んであり、中には全国的に名高い強豪高がある。 埼玉県にある柔道の強豪校を、近年の試合実績を基にピックアップして紹介する。

「佐藤栄学園 埼玉栄高等学校」

埼玉栄高校は、さいたま市西区にある私立の中高一貫校だ。普通科4コースと保健体育科があり、一人ひとりの目標に合わせた教育が行われている。整った体育施設とトップレベルの指導がある環境で、保健体育科からはさまざまな競技のプロスポーツ選手やメダリストが多数生まれている。
柔道でも、2012年グランドスラム優勝の小林大輔選手、2010年世界ジュニア優勝、2014年ヨーロッパオープン優勝の十田美里選手、2015年世界ジュニア優勝の冨田若春(わかば)選手など、世界大会で金メダルを獲得した選手を輩出している。

埼玉栄高校の練習と、2016年の試合成績

埼玉栄高校の練習はまず柔軟体操、次に反復練習と寝技で体を温める。その後、打ち込みと立ち技の練習。筋力トレーニングも組み込み、毎日3時間前後の練習をみっちりと行う。
2016年の高校柔道選手権(全国高等学校柔道選手権大会)では、男子団体は3位、女子団体は準々決勝進出で敢闘賞を受賞した。個人では、男子無差別級で蓜島剛(はいしまごう)選手、女子52kg級で富沢佳奈選手が優勝を果たしている。前年は2年連続の優勝に輝き、2016年は3連覇を目指していた女子団体。男子女子ともに、埼玉栄は全国でも強豪と名高い高校である。

おすすめの記事