「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

史上最強の柔道家との呼び声も高い!山下泰裕が残した功績とは

2016 12/16 20:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://news.yahoo.co.jp/

皆さんは最強の柔道家というと誰を思い浮かべるだろうか? オリンピック3連覇の野村忠宏さんや、あるいは女子なら谷亮子さんの名前もあがるかもしれない。 だが、やはり山下泰裕さんの名前は外せないだろう。公式戦203連勝にオリンピック金メダル。彼が残した功績を紹介する。

小さな頃から大きな体!中学時代は無敵の存在

山下泰裕さんは、1957年、熊本県に生まれる。小さな時から体が大きく、4歳の時には身長122cm、20kgまでに成長。小学校3年生の時に始めた柔道でも体の大きさがいかんなく発揮され、6年生の時には県大会で優勝するほどの実力をつける。
中学校へ進学する頃になるとすでに体重は100キロ近くになっていたそうで、柔道部でも中心選手となった。2年生、3年生の時に全国大会の団体戦に出場し、2年連続のオール一本勝ちで優勝に貢献。
進学の際には県内外のさまざまな強豪校からスカウトを受けたものの、中学の恩師だった白石礼介さんの指導を高校でも受けられるということで、九州学院高校へ進学した。

高校では伸び悩むも、東海大相模で才能開花

高校では最初のインターハイこそ史上初の1年生優勝を果たしたものの、金鷲旗や2年のインターハイで判定負けを喫するなど、中学では無敵だった状態からやや伸び悩む。高校に入ってから同世代のライバルたちがどんどん力を伸ばしていくうえ、このまま熊本にいても練習相手を見つけることすら難しい。そう悩んだ末、県外へ行くことを決意する。
2年生の2学期から東海大相模高校へ転校すると、東海大学で稽古をつけてもらえることになり、恵まれた環境でぐんぐんと力をつけていく。9月には東海大学のヨーロッパ遠征にも帯同させてもらい、13連勝を記録。3年生になると社会人も出場する全日本選手権で3位入賞を果たす。
結局、3年生の時には金鷲杯、インターハイ個人戦・団体戦、国体、全日本新人体重別選手権、フランス国際で優勝。全日本体重選抜選手権ではモントリオール銀メダリストの鈴木純男さんに敗れてしまうが、東海大相模に出てきてからの成長は著しいものを見せた。

おすすめの記事