「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

柔道選手、谷本歩実の功績を振り返る

2016 12/16 20:07
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.shikoku-np.co.jp/

谷本歩実選手は、オリンピックの舞台において日本人選手唯一の偉業を成し遂げるなど、柔道の歴史を語る上でなくてはならない功績を積み上げてきた。 そんな谷本選手の功績を振り返っていきたいと思う。

柔道と陸上でトップだった

愛知県出身の谷本選手は、9歳の時に柔道を始めると、すぐに大会で優勝をするなど才能の片りんを見せつけることになった。
その一方で、同時に取り組んでいた陸上競技でも結果を残すなど、オールラウンダーぶりを発揮していた。
中学時代に吉田秀彦氏を輩出した大石道場で柔道に打ち込むことになった谷本選手だが、同時に所属していた陸上部でも好成績を残すなど、当時から規格外の存在だったということをうかがうことができる。

順調に実績を積む日々

高校時代には練習が物足りないと感じるほど柔道にのめりこんできた谷本選手は、しっかりと実績を積みながらトップへと駆け上がっていく。
大学時代には一度柔道を辞めたくなったものの、先輩選手に励ましてもらうなど、周囲の環境にも恵まれた谷本選手は、2002年の世界団体で金メダルを獲得するなど、着実に柔道界での存在感を高めていく。
そして、2004年にアテネオリンピックの63kg級代表に選出されることになったのだ。

オール一本で衝撃を与えたアテネオリンピック

谷本選手は、アテネオリンピックの本大会が開始される前は不調だったものの、いざ大会がスタートすると、不安を一蹴するかのように快進撃を続けることになる。
最終的に決勝の舞台でも一本勝ちで勝利することになった谷本選手は、オール一本勝ちという素晴らしい内容で優勝を果たすことになったのだ。
仲の良かった塚田真希選手とともに成し遂げたこの結果は、アテネにおける日本柔道の強さを象徴するものとして、多くの人の記憶に刻み込まれた。

北京で成し遂げた大偉業

2008年の北京オリンピックで、谷本選手は2大会連続で代表に選出されるが、これまでの結果から谷本選手の選出には懐疑的な見方も多く、前回同様に逆境からのスタートとなった。
そして迎えた本大会。前大会と同様に圧倒的な内容で勝ち進んだ谷本選手は、決勝までオール一本勝ちを決めて、単なる2連覇だけではなく、2大会連続のオール一本優勝を果たすことになったのだ。 柔道界でも初めての大記録であり、谷本選手が柔道界における生ける伝説となった瞬間だった。

大怪我での引退と現在

北京オリンピックでも結果を残した谷本選手は、引き続き柔道に取り組んでいくことになるが、2009年に右膝十字靱帯断裂の大怪我を負ってしまう。
懸命にリハビリに励んだ谷本選手だったが、2010年に正式に引退を表明。その後は後進の育成に務めることになり、現在に至る。
オリンピックで前人未到の結果を残した谷本選手だけに、指導した選手も規格外の結果を残すのではないかと、柔道ファンは大いに期待を寄せている。

まとめ

大偉業だけがクローズアップされるが、2大会とも前評判は不安のあるものだったにもかかわらず、最高の結果を残したということも見逃せない。 谷本選手の強い精神力が、今後の柔道界に受け継がれていってもらいたい。

関連記事

おすすめの記事