「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

柔道選手、鈴木桂治の功績を振り返る

2016 12/9 21:03
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://www.shikoku-np.co.jp

大きな体格から抜群の足技を見せて、多くの柔道ファンを魅了してきた鈴木桂治選手。 そんな鈴木選手の残してきた実績と現在の柔道界への取り組みを振り返っていきたいと思う。

幼いころから柔道の道へ

鈴木桂治選手は、茨城県の出身で、兄の影響もあって3歳の時から柔道にのめり込むようになった。後述の結果からも分かる通り、柔道の才能は素晴らしいものがあり、幼い頃から始めたこともあって、すぐに頭角を現す。
その後、名門である国士舘高校、国士舘大学に進学し、同校でもトップクラスの成績を残すことになったのだ。現在では国士館大学で監督を務めているなど、鈴木選手にとって学生時代に培ったものは非常に大きなものであったことがうかがえる。

苦渋の100kg超級転向

鈴木桂治選手は、高校時代から100kg級で実績を積み上げていったが、同じクラスにいた井上康生選手をなかなか超えることのできない日々を重ねていた。 周囲は無差別級でも良い結果を残す鈴木選手に100kg超級として出場することを期待していたが、鈴木選手はあくまで100kg級でトップになることにこだわっていたのだ。
その後、悩みぬいた末に100kg超級への転向を決断するが、これは日本柔道界においては100kg級と100kg超級における二大エースが誕生した瞬間だった。

おすすめの記事