「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

大人用も子供用も!柔道着の価格・サイズの選び方までを徹底解説

2016 12/9 12:03
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by sportpoint/Shutterstock.com

柔道をこれから始める方にとって、柔道着選びはとても重要です。柔道着にもいろいろな種類があり、そして規定もあります。今回はそんな柔道着のルールから選び方までご説明したいと思います。

柔道着にルールはあるの?

柔道着にもルールがあり、大会などでは細かく規定が決められています。一例を挙げると、”袖口の折り返しは3センチ以内”、”製造者名は左腕の上腕部に記載”、”上衣の重さは1平方メートルあたり650~700グラム”など、細かいですがきちんと定められているのです。これは柔道に限らずどのスポーツでも同じですね。
しかし、学校の授業で使うときは、細かいルールは気にしなくていいでしょう。学校のルールを確認しましょう。また、長らく認められていなかったカラー柔道着ですが、2016年から日本国内の大会でも導入されるようになりました。

柔道着のサイズは?

柔道着のサイズは1号、2号といった形で号で表します。洋服などのようにS、M、Lでは表しません。また、恰幅のよい人はB体、一般体型の方はY体を選びます。しかし、メーカーによって異なるので、各メーカーのホームページを確認するのが一番です。
ほとんどのメーカーが通販でも取り扱っていますが、一番初めに購入するときは着てみることが重要です。これは少年(13歳未満)、成年(13歳以上)どちらにも言えることです。柔道着は洗濯で縮むので、それも考慮に入れて選ぶことが大事になってきます。また、柔道着のサイズ表記は洗濯で縮むことを考慮して作られています。

おすすめの記事