「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

試合観戦が楽しくなる!知っておきたい柔道の抑込技3選

2016 12/9 21:03
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Master1305/Shutterstock.com

柔道には立技と固技がある。柔道は立った状態から開始するので、いきなり寝技をかけるということはなく、投技からの移行で固技をかけるというのが多い。今回はそんな固技の中でも抑込技について紹介する。

抑込技のルールとは?

柔道には一本、技あり、有効といったポイントがあるが、抑込技はどのようにポイントが決まるのだろうか。 固技の中で抑込技は他の固技と違い”参った”ではなく技が決まった秒数でポイントが決まる。国際規定では抑え込みが20秒決まると一本と認定されるのだ。また、15秒以上で技あり、10秒以上で有効となる。
試合終了時に抑込技が決まっていれば、試合終了とならず、抑込技が解けるか一本になるまで継続される。場外で抑込技が決まった場合は、どちらか一方の身体が一部でも場内に残っていれば有効と判断される。

抑込技の種類は7種類!

柔道には抑込技が7種類ある。崩袈裟固(くずれけさがため)、肩固(かたがため)、上四方固(かみしほうがため)、横四方固(よこしほうがため)、縦四方固(たてしほうがため)、袈裟固(けさがため)、本袈裟固(ほんけさがため)だ。柔道は立った状態から試合が始まるため、いきなり抑込技をかけることはない。投技の後に連続技としてかけることが多くなる。
抑込技が9種類と説明されている場合もあるが、現在制定されている抑込技は7種類となっている。

おすすめの記事