「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

諸刃の剣!柔道の横捨身技について調べてみた

2016 12/9 21:03
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Fotokostic/Shutterstock.com

柔道はとても熱くなれるスポーツだが、技の種類が非常に多くてよく理解できないこともしばしばあると思う。 技の内容や性質をちゃんと理解しておけば、もっと観戦が楽しくなる。 今回は柔道の技の種類のひとつである横捨身技を紹介する。

横捨身技って?

柔道には手技や腰技、足技など体の部位にちなんだ技がたくさんある。そんな中でも、捨身技というのは特殊であり、自身の体を捨てることで、相手を投げる力に変換させるものだ。
捨身技は、かけ方の違いにより真捨身技と横捨身技に分けられ、横捨身技というのは、体に対して横方面に体を捨てる技のことを言う。 派手な技が多く、試合観戦をしていて楽しいのだが、一方で捨身と言われるだけあって、失敗すると自分自身が不利な状況に陥ってしまう技なのだ。

横捨身技の種類はどれくらいある?

捨身技のうち、真捨身技は自身の後方に倒して相手を投げる技なので、あまりバリエーションはない。 しかし、横捨身技は、自身を左右に倒して投げる技なので、真捨身技にくらべるとバリエーションは多い。横捨身技は、現時点で15の技が認められている。15種類というのは手技の16種類に次いで多い数となっている。
横捨身技のおよそ半分の7種類は巻込という技だ。一時はこれらを別の技分類にすべきだという声があったが、現在でも横捨身技の一種に分類されている。

おすすめの記事