「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

まるでプロレス?柔道の真捨身技について調べてみた

2016 12/9 21:03
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by ostill/Shutterstock.com

柔道を観戦していると楽しいが、技の種類や名前は、いまひとつわからない。 今回紹介する真捨身技という技の種類も、名前を聞いただけではどんな技なのか分からない人もいると思う。 真捨身技を知っていれば、もっと楽しく試合を観戦することができる。

真捨身技とは?

真捨身技というのはいったいどのような技なのかわからないという人が多くいると思う。 そもそも真捨身技というのは、捨身技の中のひとつと分類されている。捨身技にはもうひとつの分類があり、それを横捨身技というが、ここでは真捨身技について紹介する。
真捨身技というのは、自分の体を後ろに倒しながら、相手の選手を投げて一本を取る技だ。失敗すれば不利になることから捨身技と言われている。しかし、決まれば非常に豪快な技としても知られている。

真捨身技の種類はどれだけある?

真捨身技という技は、実はそこまで技の種類がない。今現在においては5種類の技が真捨身技として認められている。
巴投(ともえなげ)、裏投(うらなげ)、俵返(たわらがえし)、引込返(ひきこみがえし)、隅返(すみがえし)の5つだ。 種類は非常に少ないが、技自体はとてもメジャーである。 今回はその中でも特に有名なものを紹介する。

おすすめの記事