「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

観戦する前に知っておきたい柔道の足技3選

2016 12/9 21:03
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Master1305/Shutterstock.com

柔道で最も見かけることが多い技は足技だ。 実際どれくらいの種類があるのだろうか?また、足技とはいったいどのようなものだろうか? 知っていると柔道観戦がもっと楽しくなる足技について紹介する。

柔道における足技の位置づけ

柔道において足技というのは、最も基本的であり、かつ最も重要な技である。 足技自体が相手に対して一本を取るための必殺技になることはもちろん、その他の自分が得意とする投げ技、手技、腰技を掛けるためのフェイントや動作として使うことができる。
また、足技をかけることによって相手の動きや重心を乱して次の技に連携しやすくすることができるので、柔道においては足技を極めればトップになることも不可能ではないと言われている。

足技の種類は?

柔道において、足技というのは立ち技の一つとされている。足を使って投げる技のことをいい、現在は21種類の技が正式に認められている。
この21種類という技の種類は、投げ技や手技、腰技に比べると非常に多いことが分かる。それだけ、柔道界の歴史において研鑽を積まれてきたものであり、柔道の試合においてどれだけ足技が有効であるかということを物語ってもいる。 また、種類が多いことから、臨機応変に技をかけることができるのも特徴だ。

おすすめの記事