「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

会場が盛り上がる柔道の手技4選

2016 12/9 21:03
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by A.RICARDO/Shutterstock.com

柔道には多彩な技があり、綺麗に決まった時はその素晴らしさに美しさすら感じる。特に投げ技などの多い手技は、派手でおもしろいのだが、いったいどれくらいの技があり、どんな技があるのだろうか。特にメジャーな手技について紹介したいと思う。

手技っていくつくらいの種類があるの?

手技というのは、柔道の中で特に目立つ技の一つだ。立ち技であり、そこから繰り出される投げ技は非常に美しく、多くの柔道ファンが見たい技のひとつとなっている。
これまでにさまざまな手業が編み出されてきたが、現在では16の手技が正式に柔道の投げ技として取り決められている。名前はわからなくとも、見たことがあるという技も結構あると思う。
今回は、そんな手技の中でも特に有名な4つの技を見ていこう。

定番の背負投

柔道の試合観戦をする人はもちろん、あまり柔道を知らない人も、背負投という技は聞いたことがあるという人が多いと思う。取組の中で、相手の懐奥に入り込み、相手を背中でおんぶするような形で背負って肩越しに投げる技のことを言う。
どちらかというと、大柄な選手よりも、小柄な選手が自分より大きな選手を投げるときに使う技とされている。
日本でこの技を得意とする選手としては、かつての谷亮子選手や野村忠宏選手、そして大きな選手にもかかわらず井上康生選手が得意としていた。

おすすめの記事