「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

柔道の反則判定とは?ルールを理解してもっと試合を楽しもう!

2016 12/9 21:03
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by sportpoint/Shutterstock.com

柔道の試合を観戦していると、時に反則と判定されることがある。柔道の試合を楽しむために、柔道試合内の反則について紹介したいと思う。

反則の種類

柔道の反則は、大きく分けて2つの判定がなされる。軽微な反則行為としての「指導」と、重大な反則行為としての「反則負け」だ。「反則負け」は、1回でも宣告されるとその時点で試合が終了する。「指導」は、1回宣告を受けただけでは、負けにはならないが、繰り返し指導を受けて4回指導を受けると「反則負け」となる。
指導を受けたからといって、相手側に何らかのポイントを与えられるわけではないが、試合終了の時点で同じスコアであった場合、指導の少ない選手が勝ちとなる。

反則の決定方法

反則の判定は、審判から宣告される。だが、一人の審判の判断によって決めるわけではない。柔道の試合においては、審判は主審一人と副審二人がいる。三人の審判のうち、一人が反則行為を確認したときには、全員でその反則行為について協議する。全員一致で反則行為であると認められた場合は、その時点で決定されるが、時に審判内でも意見が分かれることがある。その場合は、三人の多数決により反則が決定される。

おすすめの記事