「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

柔道観戦において最低限知っておきたい5つのこと

2016 12/9 12:03
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Fotokostic/Shutterstock.com

オリンピックでも注目度の高い柔道ですが、柔道に携わったことが無いと試合の流れが良くわからない時があります。 最低限の基本ルールを知っておくと、もっと柔道の試合を楽しむことができますよ! 今回は、柔道の基本的なルールについてご紹介したいと思います。

柔道の闘いの場

柔道の試合は、統一された試合場において開催されます。これは、子供の行う柔道でもオリンピックの競技においても同じとされている共通規格です。
公式の試合場は、14.55m四方の正方形の試合場です。しかし、そのすべてを使って試合を行うのではなく、中央の9.1m四方の中を場内とします。ですので、9.1mを超えて14.55mまでは場外と判定されます。 場外と場内の境目には赤い色のしるしをつけますので、試合中にどこが場外かわからなくなるということはありません。

柔道の技の判定とは

柔道は、相手にかけた技の判定により勝敗が決します。試合中の技の判定は3つあり、それぞれが「一本」「技有り」「有効」と呼ばれています。
試合において、一本を宣言された場合は、その時点で試合が決して終了します。技有りの場合、試合中を通して2回取ると一本と判定されます。 有効ついては、何度取っても一本にはなりません。しかし、試合時間を終了しても両者が一本を取っていなかった時には、技有りがあるかどうか、有効の有無、反則の有無によって判定で決着します。

おすすめの記事