「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

金メダルの重みが分かるオリンピック・男子柔道の名場面

2016 11/29 21:30
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://www.huffingtonpost.jp

日本のお家芸ともいわれる柔道。メダルを獲って当たり前と期待されがちな柔道だが、それは選手たちにとって果てしなく遠い道だ。 そこで今回は、オリンピックで金メダルを獲得するのがどんなに難しいのか伝わってくる男子柔道の名場面を5つ紹介する。

亡き母と共に表彰台へ・井上康生

舞台は2000年のシドニーオリンピック柔道男子100キロ級。井上康生選手は、それまですべて一本勝ちで決勝に進み、決勝ではカナダのニコラス・ギル選手を破って金メダルを獲得する。表彰台に立った井上選手は、服の下から前年に急死した母の遺影を取り出す。
しかし、オリンピックの表彰台には危険物を持ち込んではいけないルール。そのため、遺影のガラスが危険だとして事前に相談した関係者から止められていたのだ。金メダルを獲ったらオリンピックのメダルを楽しみにしていた母の遺影を持って一緒に立ちたいと考えていた井上選手。その想いを果たせたのは、誘導係の女性が「服の下に遺影を忍ばせて行きなさい。私は何も見てないわ」と機転を利かせたおかげだったのだ。

誤審で金メダルを逃した・篠原信一

2000年のシドニーオリンピック、柔道男子100キロ超級決勝でのドゥイエ選手との試合。今やテレビタレントとしても大活躍の篠原信一さんだが、彼を有名にさせた問題がこの試合で起こる。問題の発端はドゥイエ選手の内股に対して篠原選手が内股すかしで返したシーン。主審がドゥイエ選手の有効と判定したのに対して副審の一人は篠原選手の一本と判定。審判員は再協議を申し出るも、フランス語のわからなかった当時の山下泰裕監督が試合継続を許してしまう。
その後、追いついた篠原選手だったが、ドゥイエ選手が再び有効をとり決着。試合後に日本チームが抗議するも、審判が離れてしまっていたため認められず。これが誤審として日本中で問題になった。そして、この試合をきっかけとして、ビデオ判定が導入されることに。これに対して篠原選手は、「自分が弱いから負けただけ」という名言を残したのだ。

おすすめの記事