「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

話題になった柔道女子の名言5選

2016 10/11 18:34
柔道 女子
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by vectorfusionart / Shutterstock.com

数々の名言が生まれるスポーツ界。特に柔道は心を重んじる競技のためか、心に残る名言が多く生まれています。そこで今回は柔道女子の名言を5つご紹介します。

一度は聞いたことがある!谷亮子さんの名言

「最高でも金、最低でも金」

出典: 日刊スポーツ

2000年のシドニーオリンピックの目標を語った柔道女子48キロ級の田村亮子(現・谷亮子)さん。これまで16歳で初出場した1992年のバルセロナオリンピック、1996年のアトランタオリンピックで決勝に進出するも銀メダルに終わっていました。
金メダルはオリンピックに出場する選手誰もが掲げる最高の目標ですが、これまで悔しい思いをしてきた田村さんにとっては銀メダルでは意味を成さず、最低目標も金メダルだったのです。そんな言葉通り、ロシアのL・ブロレトワとの決勝では開始36秒で内股で一本。
念願の金メダル獲得となった試合後には、「やっと初恋の人と巡り合えた」と発言し、こちらも話題となりました。

まだまだある!谷亮子さんの名言

「田村でも金、谷でも金」

出典: 日刊スポーツ

引き続き、こちらも田村(谷)亮子さんの名言です。
これは2004年のアテネオリンピックを前にして目標を語ったもの。ちょうど前年の2003年にプロ野球選手の谷佳知さんと結婚した田村亮子さん。名前も旧姓の田村亮子から谷亮子に変わることとなりました。結婚したことで弱くなったと言われたくないという気持ちから出てきた言葉。
その言葉通り、見事に金メダルを獲得して2連覇を達成。オリンピックの歴史に2つの名前が刻まれることとなりました。

おすすめの記事