「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

田村でも金!谷でも金!谷亮子が柔道界に残した功績を振り返る

2016 10/4 00:52
柔道
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Giampiero Acri/Shutterstock.com

女子柔道界で多大な功績を残してきた人物といえば、谷亮子さんだ。
オリンピックでは2つの金メダルを含む5つのメダルを獲得。おそらく1990年代後半?2000年代前半にかけて、最も強い女子柔道家だったのではないだろうか。
今回はそんな谷亮子さんの功績を振り返ってみたいと思う。

幼少期から天才的な才能

谷亮子さんが柔道に出会ったのは小学校2年生の時。4歳年上のお兄さんの影響で、福岡市にある東福岡柔道教室に入門した。奇しくもこの道場は谷亮子さん以外にも、中村兼三さんや日下部基栄さんなど、多くのメダリストを輩出した名門道場。幼い頃から最高の環境が整っていたというわけだ。
入門直後からメキメキと才能を現し、なんと数か月後には男の子を豪快に投げ飛ばすほど。4年生の時には九州少年柔道大会の団体戦で優勝。5年生の時には全国少年柔道大会の団体戦で3位入賞。そして6年生の時には全日本少年少女武道錬成大会の団体戦で優勝を果たすなど、あっという間に全国レベルへと駆け上がっていく。

中学2年生で全日本に招聘

中学へ進学した後もその勢いは止まらず、2年生の時には大人も出場する全日本選抜柔道体重別選手権大会の九州予選に出場。惜しくも準決勝で高校3年生だった衛藤裕美子さん敗れてしまうが、もはや同年代には敵なしだった。
この大会後、全日本女子代表チームの強化合宿に招聘されてしまう。まだ段位も持っておらず白帯の状態、しかも身長も140cmそこそこと小柄だったため、最初は誰からも相手にされなかったが、いざ組み手を始めると集まったトップレベルの選手たちを相手に豪快な背負い投げ、関係者をざわつかせた。

おすすめの記事