「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

柔道で代表的な絞め技3種類を徹底解説!

2016 10/4 00:52
柔道、試合
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Lilyana Vynogradova/Shutterstock.com

柔道には絞め技と呼ばれる、相手を失神させて絞め落とす技が存在する。
オリンピックなどの大会では、絞め技が決まることはほぼないが、時折見かける。
その絞め技にはどのようなものがあるのか解説したいと思う。

絞め技の注意点とは?

絞め技は相手を失神させることで一本勝ちができるという危険な技でもある。一歩間違えると死亡事故が起きてもおかしくない。そのため、絞め技には禁止事項があるのだ。首以外の頭・胴体を絞めること、帯・柔道衣で絞めることなどがある。これは致命的な事故に繋がるリスクが高いということから定められているのだ。
絞め技で失神することを”落ちる”と言うが、落ちた後は正しい蘇生法を行うと数秒で意識が戻る。絞め技を使わない方も、柔道を行うのであれば蘇生法は覚えておいた方がよいだろう。

絞め技の種類はいくつある?

柔道で定められている絞め技は12種類ある。並十字絞、逆十字絞、片十字絞、裸絞、送襟絞、片羽絞、胴絞、袖車絞、片手絞、両手絞、突込絞、三角絞の12種類だ。この中で胴絞は禁止されている。これは、胴絞を行うと内臓破裂などの恐れがあり、死亡事故に繋がる可能性が高いという理由からだ。
絞め技はどれも強力で、一瞬で相手を落とすこともできるほどの技でもある。しかし、オリンピックなどの国際大会で決まることはまずない。絞め技からの連続技として一本などのポイントになることがほとんどだ。

おすすめの記事