「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

サンフレッチェ広島の背番号から見るヨーロッパサッカーとの関係

2017 10/13 10:05Aki
サンフレッチェ広島
このエントリーをはてなブックマークに追加

司令塔タイプの選手がほとんどつけていないサンフレッチェ広島の10番

Jリーグオリジナル10の1つであるサンフレッチェ広島。このクラブの背番号には、創世記から他のクラブとの違いが見られた。 その代表的なものが背番号10番だ。
背番号10番といえばサッカーのエースナンバーとして知られているが、日本では司令塔タイプのミッドフィールダーが好んで付ける番号となっていた。

そのためJリーグで10番といえば、古くは木村和司氏に始まり、ラモス瑠偉氏、澤登正朗氏、中村俊輔選手。近年では柴崎岳選手がスペイン移籍前に、ついに鹿島アントラーズの10番を背負ったと話題になり、若手司令塔の代表格でもある大島僚太選手も川崎フロンターレで10番を背負っている。

しかしサンフレッチェ広島では、当時は変動番号制であったが10番を主につけていたのはセンターフォワードの高木琢也氏だった。1997年に固定番号制となってからも、久保竜彦氏やウェズレイ氏などストライカーがこの番号を選んだ。
司令塔タイプとして10番をつけたのは、2008年に現浦和レッズの柏木陽介選手が初めてで、その後、高萩洋次郎選手や、テクニカルな外国人選手もつけたが、2016年には再びストライカーの浅野拓磨選手が10番を背負っている。

他とは異なる傾向を持つサンフレッチェ広島の10番だが、それはこれまでクラブを率いた指導者達の影響によるものである。

マツダサッカー部時代から独自の路線を選択

サンフレッチェ広島の前身となったのは、1938年に創部された前身の東洋工業蹴球部だ。後にマツダサッカー部となるこのチームは、広島がサッカーの盛んな地域だった事もあって、古くから強豪チームとして知られていた。

しかし、1980年代に入ると低迷期を迎える。この時にコーチとして招聘したのが、後に日本代表監督となるハンス・オフト氏だ。オランダユース代表のコーチを務めていた後に、ヤマハ発動機サッカー部(現在のジュビロ磐田)で短期コーチ務めた後というタイミングだった。
当時の日本サッカー界はドイツとの関係を深くしており、ブラジル出身者が外国籍選手として数多くプレーしていたのだが、マツダサッカー部はドイツ人でもブラジル人でもなく、オランダ人であるハンス・オフト氏をクラブ強化の為に選んだのだ。

おすすめの記事