「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

小さなダンク王!NBAスパッド・ウェブ選手の功績まとめ

2017 1/18 19:02
バスケットボール
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典 http://historylocker.com/

バスケットボールでは、長身の選手が有利であると言われているが、スパッド・ウェブ選手の現役時代の伸長は168cmだった。しかし、スラムダンクコンテストで優勝をした経験もある彼は、跳躍力という最大の武器を持っていた。そんなスパッド・ウェブ選手の生い立ちや功績を紹介する。

スパッド・ウェブ選手の学生時代

1963年にアメリカ・テキサス州に生まれたスパッド・ウェブ選手は、幼少期から高い跳躍力と俊敏性を有しており、バスケットボールでは抜きんでた存在だった。しかし、その身長の低さから大きく注目されるということはなかった。
中学、高校と跳躍力を活かした高い得点力で、好成績を残したが、大学進学時に強い興味を示した学校はなかった。しかし、地元のミッドランドカレッジに進学後、1982年には決して強いとは言えないチームをチャンピオンにまで押し上げたのは、スパッド・ウェブ選手の功績と言えるだろう。

NBA選手としての経歴

ミッドランドカレッジでの活躍が注目を浴び、ウェブ選手はノースカロライナ州立大学で奨学金を得ながらバスケットボールを続けた。その後、1985年に、ドラフト4巡目でデトロイト・ピストンズから指名を受けた。しかし、入団することはなく、同年にアトランタ・ホークスに正式に入団している。
その後は、サクラメント・キングスや、ミネソタ・ティンバーウルフズ、オーランド・マジックなどを渡り歩き、1998年に現役を退いた。

おすすめの記事