「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中部地方で探すバドミントン強豪校5選!

2017 2/16 10:10
バドミントン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Byjeng/Shutterstock.com

東京オリンピックでもメダルが期待されるバドミントン。 世界に通用する選手が多く出てきたことで、日本でも注目度が高くなっています。 ここでは、我が子を将来のメダリストと考えている方のために、中部地方で良い成績を収めている強豪校を5校ご紹介します。

世界に通用する選手を育成する「金沢向陽高等学校」

文部科学省によりフロンティアハイスクールにも指定されている県立金沢向陽高等学校は、生徒の学業だけでなく、しっかりとした生活習慣まで確立するようサポートすることで個性・能力の伸長を目指しています。
部活動にも力を入れていて、特に女子バドミントン部は強豪校で、2016年のいわて国体でも準優勝を収め、大家選手は世界ジュニア選手権でも女子シングルスで銅メダルに輝くなど、世界に通用するトップジュニア選手の育成に定評があります。

文武両道を貫く「勝山高等学校」

勝山高等学校は難関国立大に現役合格者を多く出す進学校ですが、教育方針である豊かな人間性を養うことの一環として部活動にも力をいれています。
バドミントン部は、経験の豊富なコーチ陣とともに多くのOBも練習に参加しながら指導を行い、今年の福井県春季総体では男子女子共に学校対抗で優勝してインターハイに出場しています。シングルスでも男子は長谷川選手が優勝、女子は澤田選手が準優勝を果たすなど、男女ともに充実した練習の成果を発揮して好成績を収めています。

おすすめの記事