「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

中部地方で探すバドミントン強豪校5選!

2017 2/16 10:10
バドミントン
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by Byjeng/Shutterstock.com

東京オリンピックでもメダルが期待されるバドミントン。 世界に通用する選手が多く出てきたことで、日本でも注目度が高くなっています。 ここでは、我が子を将来のメダリストと考えている方のために、中部地方で良い成績を収めている強豪校を5校ご紹介します。

世界に通用する選手を育成する「金沢向陽高等学校」

文部科学省によりフロンティアハイスクールにも指定されている県立金沢向陽高等学校は、生徒の学業だけでなく、しっかりとした生活習慣まで確立するようサポートすることで個性・能力の伸長を目指しています。
部活動にも力を入れていて、特に女子バドミントン部は強豪校で、2016年のいわて国体でも準優勝を収め、大家選手は世界ジュニア選手権でも女子シングルスで銅メダルに輝くなど、世界に通用するトップジュニア選手の育成に定評があります。

文武両道を貫く「勝山高等学校」

勝山高等学校は難関国立大に現役合格者を多く出す進学校ですが、教育方針である豊かな人間性を養うことの一環として部活動にも力をいれています。
バドミントン部は、経験の豊富なコーチ陣とともに多くのOBも練習に参加しながら指導を行い、今年の福井県春季総体では男子女子共に学校対抗で優勝してインターハイに出場しています。シングルスでも男子は長谷川選手が優勝、女子は澤田選手が準優勝を果たすなど、男女ともに充実した練習の成果を発揮して好成績を収めています。

幼稚園から大学までの一貫した教育を施す「高岡第一高等学校」

幼稚園から大学まで経営する高岡学園が経営する私立高岡第一高等学校。多くの一流大学の指定校推薦枠を持つ同校は、個性に合わせたコース選択による生徒へのベストな教育カリキュラムを準備しています。
運動部もインターハイに出場する部が多く、バドミントン部も例外ではありません。男子バドミントン部は県高校総体で団体1位・ダブルス1位・シングルス1位と県内で圧倒的な成績でインターハイへの切符を手に入れています。これから全国区での活躍が期待されています。

国際教育に力を注ぐ「富山国際大学付属高等学校」

国際教育に重きを置く富山国際大学付属高等学校では、世界に通じる人材育成のため、英語課程を多く取り入れた英語特進コースや留学特進コースなども設置されています。
バドミントン部では、女子が第42回全国選抜バドミントン大会の北信越予選会の学校対抗で見事準優勝し、全国への切符を手に入れました。これから全国大会でも好成績を残し、常連校となることが期待されています。他の部活動にも力を入れていて、バドミントン部の他にテニス部や弓道部が全国大会へ出場しています。

スポーツが盛んな「星城高等学校」

中高一貫校として文部科学省のアソシエイト校にも指定されている同校は、国際的な人材育成のために質の高いカリキュラムを用意しています。学業で評価の高い同校ですが、スポーツ分野でも高い成績を収めています。
特にバドミントン部は平成23年より3年連続で個人戦ダブルスでのインターハイ出場、平成27年には団体戦の出場も果たしています。日々バドミントンで必要とされる技術、戦術、体力、精神力の4つの力を培うことで成長を目指しています。

まとめ

東京オリンピックでもメダルが期待されるバドミントン。競技人口も増加し注目度の高い種目です。 中部地方で特にバドミントンで高い成績を持つ5校をご紹介しました。 将来のメダリストもご紹介した5校の出身者から生まれるかもしれません。

関連記事

おすすめの記事