「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

貪欲にゴールを求めるストライカー、佐藤寿人選手

2017 5/17 09:55Aki
sato hisato
このエントリーをはてなブックマークに追加

J1リーグ通算得点数2位のゴールゲッターが誕生するまで

2017年に12年間に渡って所属したサンフレッチェ広島から名古屋グランパスへと移籍した佐藤寿人(さとうひさと)選手。12年連続2桁得点という前人未到の記録を持っており、J1リーグ通算得点記録も大久保嘉人(おおくぼよしと)選手に次ぐ2位と、まさにJリーグを代表するストライカーと言える佐藤寿人選手ですが、決して若くから突出した成績を残してきた選手ではありません。
佐藤寿人選手がプロ入りしたのは2000年でした。双子の兄である佐藤勇人(さとうゆうと)選手と共にジェフユナイテッド市原ユース(当時)からトップチームに昇格。ユース時代にはAFC U-17選手権1998に出場するもグループリーグで敗退となり1999U-17世界選手権の出場を逃し、2001FIFAワールドユース選手権には出場するもグループリーグで敗退し、谷間の世代と呼ばれていました。
クラブでも出場機会を得る事ができず、2002年には当時J2に降格したセレッソ大阪に移籍します。しかしここでは同年生まれの大久保嘉人選手がブレイクした事でやはり出場機会を得る事ができないままでした。しかしこのセレッソ大阪でチームメイトだった眞中靖夫(まなかやすお)選手が行っていた「自らの武器を磨くための準備を怠らない姿勢」に大きな感銘を受け自分の武器を磨く事を決意。これが後のJリーグを代表するストライカー佐藤寿人選手の誕生のきっかけとなります。

仙台で開花した才能

眞中靖夫選手に影響を受け、自らの武器として取り組んだのがスピードを活かした裏への抜け出しとニアへの飛び込みでした。
そのプレーを繰り返し練習した事で、ベガルタ仙台に移籍した1年目から30試合に出場し9得点と大ブレイクを果たします。チームはJ2に降格となりますが、ベガルタ仙台への完全移籍を決め2004年には20得点とJ2得点ランキング4位となるゴール数を量産しました。
そしてこのシーズンから、翌年に移籍したサンフレッチェ広島での2005年?2015年をあわせた12年間連続2桁得点というとんでもない記録を樹立。
さらにこの12年間の間に個人としては、FIFAクラブワールドカップ得点王(2012年)、日本年間最優秀選手賞(2012年)、JリーグMVP(2012年)、Jリーグ得点王(2012年)、Jリーグベストイレブン2回(2005年、2012年)、Jリーグフェアプレー個人賞3回(2007年、2012年、2013年)、J2得点王(2008年)、Jリーグ月間MVP(2015年7月)と多くのタイトルを獲得しています。
またチームとしても2012年、2013年、2015年と3回のJ1チャンピオン、2008年のJ2チャンピオン、を獲得するなどJリーグを代表する選手となったのです。

おすすめの記事