「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【すきやけん】愛媛県の野球強豪校5選

2016 8/26 13:36
高校野球
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by mTaira/Shutterstock.com

野球王国と称される愛媛県。その中で強豪と言われている高校を5校選び紹介したい。 野球王国愛媛で、なぜそれらの高校は強豪と呼ばれるのか。強さの秘密を強豪校の由来や戦績などを交え、改めて振り返ってみよう。

甲子園の常連「愛媛県立松山商業高等学校」野球部

松山市旭町にある通称「松商」は、夏の甲子園では公立高校として全国最多の勝利数を誇る名門だ。その数80勝にも及び、全国優勝も夏に5回、春に2回と特に夏の大会で強さを発揮している事から「夏将軍」とも呼ばれている。
1996年の第78回全国高校野球選手権大会決勝戦では熊本工業との古豪同士の戦いとなり、「奇跡のバックホーム」でも有名となった。その後6-3で延長戦を制したのは松山商業高校で、この年も優勝している。

愛媛県東予の強豪校「愛媛県立西条高等学校」野球部

愛媛県西条市にある西条高校の校地は江戸時代の西条藩陣屋跡で、堀には噴水が設置され、陣屋の正門である大手門がそのまま使用されているという全国でも珍しい校門がある高校だ。全国高校クイズ選手権でも優勝を果たしている。
野球部は、1956年の第41回全国高校野球選手権大会で夏の甲子園を制している。その後も、第44回にはベスト4進出、春の選抜では第57回にベスト8に進出している強豪校となっている。

おすすめの記事