「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

プロレスラー石井智宏選手を解説します

2017 1/18 10:02
プロレス
このエントリーをはてなブックマークに追加

出典http://the-big-fight.jp/

リングではヒール役で、100kgの巨体で威圧感を与えながら、無骨な戦いを見せる選手ですが、現在に至るまでには長い道のりがありました。また、見た目とは違った人柄も魅力の一つです。 そんな石井選手を詳しく紹介いたします。

石井智宏選手の生い立ち

石井智宏選手は、1975年生まれで神奈川県出身です。学生時代は野球少年でしたが、1996年にWARに入門。その年にプロレスデビューしました。そこからしばらく武骨な戦いを前座戦で楽しませてくれました。また、天龍源一郎選手の付き人をしていた時期もありました。
1999年にはフリーに転身し、その後ヒールユニットのFECを経て、2002年に長州力選手に弟子入りを果たし、WJプロレスに所属することに。2003年にはWJ YOUNG MAGMA杯トーナメントで優勝を飾り、翌年にはZERO-ONEにて高岩竜一選手とタッグを組み、NWA認定ライトタッグ王者にもなりました。

天龍選手の付き人と長州選手の弟子入り時代

天龍選手の付き人をしていた石井選手は、「一番使えない付き人」と天龍選手が言うほど、何も知らず毎日怒られていたそうですが、努力家の石井選手はそこで付き人のイロハを覚えたそうです。その間、練習には参加させてもらい、努力は惜しまなかったそう。
その後、フリーになり、長州力選手が運転手&練習パートナーを探していたところ、縁あって石井選手が付くことに。長州力選手の付き人は完璧にこなし、人柄も気に入られていたようです。その間、長州力選手に直訴して晴れて弟子になり、最後まで長州力選手についていくと言っていたそうです。 天龍選手と長州力選手の教えが今の石井選手に繋がっています。

おすすめの記事