「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

フットサルのコートの種類を知ろう!特徴紹介

2016 12/21 10:03
フットサル
このエントリーをはてなブックマークに追加

Photo by feelphoto / Shutterstock.com

フットサルをやってみたい人、始めたばかりの人はどういったコートでフットサルが行われるのかよくわからないという人が多いと思う。そこで今回はフットサルのコートの種類を紹介し、その特徴を紹介したいと思う。

フットサルはどんなコートで行われるの?

フットサルは本来、室内のインドアコートで行われるスポーツだ。フットサルのプロリーグであるFリーグの試合は、体育館などの屋内コートで行われる。しかし、レンタルすることのできるフットサルコートの多くは屋外にありアウトドアコートでプレーする機会の方が多くなると思う。コートの種類が違うとプレーの感覚が異なるだけでなく、使用できるシューズなどにも違いがあるので、それぞれのコートの特徴をしっかりと把握した上でフットサルを行おう。

インドアコートの特徴

レンタルできるコートの多くはアウトドアコートと書いたが、自治体が所有する体育館や学校の体育館などのインドアコートを使用することができる場合もある。
ひとえにインドアコートといっても様々な種類のものがある。それぞれのコートの決定的な違いは床の材質だ。 例えば学校や自治体の体育館というのは、ほとんどの場合木の床だ。茶色い体育館の木の床と言えばイメージしやすいかもしれない。木の床の特徴はボールが跳ねやすく摩擦が他のコートよりも少ないのでよく転がる。一方でスポーツ用の床ということで、スポーツタイルやタラフレックスという材質で作られたコートもある。これらのコートの場合体育館ほどボールは跳ねず、転がり具合も体育館より控えめだ。
ボールの跳ね方や転がり方は違うので、ボールをパスする時や止める時に注意する必要がある。

おすすめの記事