鈴木武蔵、代表戦初出場もシュート1本に悔しさ露わ。「本当に申し訳ない」 | SPAIA

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

鈴木武蔵、代表戦初出場もシュート1本に悔しさ露わ。「本当に申し訳ない」


3月23日(土)22時31分配信
鈴木武蔵【写真:Getty Images】

鈴木武蔵【写真:Getty Images】


0-1で敗戦した22日のコロンビア戦から一夜明け、日本代表はボリビア代表戦に向けた練習を23日に日産スタジアムで行った。


日本代表初選出で初先発となった北海道コンサドーレ札幌FW鈴木武蔵はコロンビア戦後に選手たちで話したことについて「後半の立ち上がりの入り方が良くなかったというのと、そこで押し込まれて結果的に失点に結びついて、そこは反省しなきゃいけないところだし、やっぱり前半の決められるところで決められなかったという、良い流れで決められなくて、個人的な反省もあるし、チームとしてもそこはすごく反省しています」と話し、チームとしても個人としても決めきれなかったことを挙げた。


前半に何度かシュートチャンスがあったものの、試合を通してシュート1本に終わったことに関して鈴木は「やっぱり、ああいう中でも普通にやっていかなきゃいけないし、あそこで得点できるチャンスもあっただけに、そこの前半で点を取れなかったのは本当に悔しいし、FWとしてチームがゼロで終わってしまったということは、本当に申し訳ない」と悔しさを露わにした。


ディフェンスの背後やスペースで勝負し、シュートまで持ち込めそうな場面があった鈴木は「もっともっとポゼッションしながら、中々味方が良い状況でターンできるシーンとか、外して前向くシーンというのがなかったので、その中でも1個外して起点を作れた時に、いかに前を見てもらうかというところが本当に大事。奪った後とかも絶対に走り出したら負けない自信はあるので、そこのDFとの駆け引きのところで、どの試合も常に考えてやっている。そこは味方との意思疎通、擦り合わせのところが最も大事になると思います。そうしたらもっともっとチャンスは増えると思うし、昨日シュートは実際1本で終わったので、まだまだシュートを打てると思うし、札幌の試合でも1本で終わった試合は1回もないので、シュート数をもっと増やしていきたいですね」と話した。


自分の持ち味を生かし、ボリビア戦では代表初ゴールを狙う。

おすすめの記事

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.Name}}{{item.ShortName_Team}}{{item.OnPlusSlugging.toFixed(3)}}{{item.OnPlusSlugging.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.Name}}{{item.ShortName_Team}}{{item.OnPlusSlugging.toFixed(3)}}{{item.OnPlusSlugging.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

最新
24時間
週間
SPAIA スポーツコラム ライター募集中!
広告掲載募集「SPAIA Ads」