仏スポーツ長者番付、サッカー勢が上位独占。年収41億円で1位は… | SPAIA

「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

仏スポーツ長者番付、サッカー勢が上位独占。年収41億円で1位は…


3月23日(土)21時30分配信
フランス代表のアントワーヌ・グリーズマン【写真:Getty Images】

フランス代表のアントワーヌ・グリーズマン【写真:Getty Images】


仏紙『レキップ』は22日付で、フランス人スポーツ選手の年収ランキングを発表した。アトレティコ・マドリーに所属するフランス代表FWアントワーヌ・グリーズマンが1位に輝くなど、サッカー選手が上位を独占している。


昨年の同ランキングでは、マンチェスター・ユナイテッドのMFポール・ポグバが2220万ユーロ(約27億7000万円)でトップだった。だが昨年6月にアトレティコとの新契約を結んだグリーズマンは、スポンサー収入なども含めた総額3300万ユーロ(約41億円)で昨年のポグバの記録を大きく上回った。


2位はパリ・サンジェルマンのFWキリアン・ムバッペ。20歳にして年間2470万ユーロ(約30億7000万円)を稼ぎ出しており、今後のさらなる飛躍も期待される。


3位には昨年1位のポグバ(約27億5000万円)、4位にはレアル・マドリーのFWカリム・ベンゼマ(約27億4000万円)が続き、トップ4までをサッカー選手が独占。5位と6位にはNBA選手のニコラス・バトゥム、ルディ・ゴベールが続いている。長年上位を占めていたトニー・パーカーは、昨夏の移籍によりトップ10圏外に後退したとのことだ。


7位にはバルセロナのFWウスマン・デンベレ(約23億8000万円)、10位にはバイエルン・ミュンヘンのMFフランク・リベリ(約17億8000万円)もランクイン。トップ10のうち6人をサッカー選手が占め、残りの4人はNBA選手となっている。

おすすめの記事

プロ野球 OPS順位

セ・リーグ
パ・リーグ
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.Name}}{{item.ShortName_Team}}{{item.OnPlusSlugging.toFixed(3)}}{{item.OnPlusSlugging.toFixed(3).substring(1)}}
 選手名・所属チームOPS 
{{index + 1}}{{item.Name}}{{item.ShortName_Team}}{{item.OnPlusSlugging.toFixed(3)}}{{item.OnPlusSlugging.toFixed(3).substring(1)}}

人気記事ランキング

最新
24時間
週間
SPAIA スポーツコラム ライター募集中!
広告掲載募集「SPAIA Ads」