「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018年春高バレー】昨年の結果を越えられるか!共栄学園春高予想

2017 11/10 12:24Mimu
バレー
このエントリーをはてなブックマークに追加

春高ベスト8もインターハイ出場は逃している

2017年の春高バレーでは、ベスト8という成績を収めた共栄学園。荒谷栞(現: NECレッドロケッツ)というエースを擁し、全国の強豪チームを次々に破っていった。しかし、優勝は同じ東京の下北沢成徳高校。
しかも、インターハイと合わせての2冠を達成されたということもあって、共栄学園はこの年の主役になることは出来なかった。

さらに新チームになってからのインターハイでも予選で敗退してしまい、東京代表の座をつかむことは出来ていない。春高バレーは東京に出場枠が3つ与えられるため、共栄学園も出場することが出来る可能性は高いが、全国の舞台で主役になるためには、選手達のさらなるレベルアップが必要になる。

チームワークが何よりの武器

共栄学園のバレーの特徴は、多彩な攻撃だ。昨年の春高では、ツーセッターからクイックやブロードを駆使し、相手のブロックを翻弄するバレーを見せていた。もちろん、こういったバレーは簡単にできるわけではない。選手たちの技術力に加え、チームワークが必要になる。

しかし共栄学園の選手たちは、大田豊彦監督のもと、普段の練習からそういった連携を重視してきた。全員での攻撃・全員での守備、これを実現するためには、コート上に立つ選手が意思疎通できていなければならないのだ。
単にボールを拾うだけではない、単にスパイクを打つだけではない、1つ1つのプレーを全員がフォローしながら行うことで、共栄学園のバレーが成り立っている。

おすすめの記事