「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018年春高バレー】八王子実践の春高はどうなる?注目選手予想

2017 11/10 12:24Mimu
バレー
このエントリーをはてなブックマークに追加

ここ数年はライバル校の陰に隠れがちになった八王子実践

高校バレー界でも、屈指の伝統と実績を誇る八王子実践高校。全国大会での優勝回数は10回以上を数え、卒業生には日本代表に選出された選手も多い。しかし、ここ数年は下北沢成徳に後れを取ってしまっている印象だ。
昨年は下北沢成徳がインターハイと春高春高バレーの2冠を達成。八王子実践も春高バレーではベスト8には残っていたものの、女子高校バレー界の主役の座は、間違いなく下北沢成徳であった。その前年も、春高決勝戦で直接対決の機会があったが、3-0のストレートで敗戦を喫してしまっている。

下北沢成徳は、同じ東京地区のライバルであり、もっとも負けられない相手だ。そのライバルが春高バレー2連覇や高校2冠を達成する中で、八王子実践はもう20年以上も全国の頂点にたっていない(東京選抜で出た国体を除けば、春高バレーは1993年、インターハイは1983年が最後の優勝)。
次回の春高こそ、自分たちが全国制覇を達成し、そしてもう1度高校バレー界の主役になるときだ。2018年の春高バレーに向けて、八王子実践の注目ポイントを紹介する。

強いチームとの接戦をものにできなかったインターハイ

まずは、この夏のインターハイを振り返ろう。八王子実践は、このインターハイでは3回戦で敗退している。相手は徳島県の城南高校、ここ10数年で、全国大会の常連になった高校だ。
試合は、第3セットまでもつれる熱戦となった。お互いに大きなミスはなく、実力の差はほとんどなかったと言ってもいい。しいていうならば、城南高校の守備の粘りや攻撃の流れが、ほんの少し八王子実践よりも勝っていた印象だ。

その後、城南高校は石川県の金沢商業も破り、最終的には3位という結果を残している。これだけ強いチームと戦うことが出来たのだから、きっと八王子実践の選手たちもこの経験をプラスにしてくれることだろう。いや、絶対にしなければならない。

おすすめの記事