「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018年春高バレー】攻守に隙なし!誠英高校の春高注目ポイント

2017 11/10 12:24Mimu
バレー
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年インターハイで準優勝だった誠英高校

2017年、インターハイ準優勝という成績を収めた山口県の誠英高校。県内では無敵の存在で、インターハイには28年連続、春高バレーにも26年連続で出場している。前回の春高バレーでもベスト8の成績を収めており、非常に期待ができるチームだ。

ただ、インターハイでは準優勝だったものの、勝敗以上に悔しいものがある。というのも、決勝の相手は大分県の東九州龍谷高校、1月の春高バレー3回戦で激突し、勝利を収めた相手だ。しかしこのインターハイでは、決勝という最高の舞台でリベンジを果たされてしまったことになる。
続く春高でも、このチームが最大のライバルとして立ちはだかってくるだろう。絶対に負けるわけには行かない。

多才な攻撃パターンが誠英高校の武器!注目はエースで主将の林田

誠英高校バレー部は、それほど身長は高くないものの、多彩な攻撃や粘り強い守備でここまで勝ち上がってきた。攻撃面では力強いスパイクを打つことが出来る選手が多く、相手ブロックを翻弄することが出来る。

その中でも、もっとも注目すべきなのは、エースでキャプテンの林田愛佳(3年)だろう。
福岡の春日中時代には、福岡県代表として都道府県対抗中学バレーボール大会で優勝した経験がある逸材で、高校に入ってからも1年生ながらエースを務めていた。身長は178cm。しかし、体格以上のパワーを秘めており、彼女のスパイクが誠英高校の攻撃の軸となっている。

おすすめの記事