「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018年春高バレー】全員がユース代表!?金蘭会の春高予想

2017 11/10 12:24Mimu
バレー 室内
このエントリーをはてなブックマークに追加

まさかのインターハイ緒戦敗退となってしまった金蘭会

昨年はインターハイ準優勝、国体優勝、春高3位という成績を残した金蘭会。しかし、この結果に選手たちは満足していない。インターハイ、春高ともに最大のライバルである下北沢成徳が優勝、金蘭会は彼女たちに後れを取る結果となってしまった。

さらに今年のインターハイではグループ予選こそ順当に勝ち上がったものの、決勝トーナメントでは誠英高校に敗退してしまい、早々と姿を消してしまっている。
誠英高校はこの大会で準優勝、たしかに力のあるチームではあった。しかし、相手が強かったとはいえ、全国の頂点を目指すチームがここで立ち止まっているわけにはいかない。2018年春高バレー、金蘭会は雪辱を果たすことができるだろうか。

レギュラーのほとんどはユース代表に選ばれた逸材たち

昨年は宮部愛梨(現:神戸親和大)という絶対的なエースがいた。2年生の頃には全日本に選ばれるほどの力を持った選手で、高校レベルでは頭1つ以上抜けていた存在だ。しかし、彼女が卒業したからといって、戦力が大幅に落ちてしまう金蘭会ではない。彼女以外にも有望な選手はたくさんいる。

例えば、8月の「世界ユース女子選手権大会」U-18代表の12人のメンバーには、なんと金蘭会から6人もの選手が選ばれた。セッターの中川つかさ、リベロの水杉玲奈、ウイングスパイカーの曽我啓菜・西川有喜・中沢恵(いずれも2年)・宮部愛芽世(1年)の6人だ。
司令塔の中川に、多彩な攻撃を誇るスパイカー陣。そして守備のかなめである水杉。攻守にわたってレベルの高い選手が揃っている。

おすすめの記事