「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018年春高バレー予想】安定した守備で勝ち上がる!鹿児島女子

2017 11/10 12:24Mimu
バレー 室内
このエントリーをはてなブックマークに追加

春高バレーベスト4もインターハイ出場を逃す

2017年の春高バレーでは、見事に3位という好成績を残した鹿児島女子。しかし、今年のインターハイでは、鹿児島南高校に敗退してしまい、全国切符を逃してしまう結果となった。
昨年の鹿児島女子のレギュラーはほとんどが3年生だったため、新チームのメンバーたちの経験値は少ないかもしれない。だからといって次の春高でも後れを取るわけにはいかないのだ。2018年春高バレーこそ、まずは全国の切符を手に入れ、そして先輩たちを越える成績を残したい。

拾ってつないで、考える

鹿児島女子では、拾ってつないで考えるバレーを心がけている。拾ってつなぐバレーというのは、他の高校でもよく聞くフレーズであるが、鹿児島女子ではさらに「考える」ことも大事にしているという。
レシーブやトス1つにしても、相手の動きを見て打つだけでなく、ここまでの試合の展開から、相手の対応力まで考えてボールを上げている。
相手がこの試合で誰を警戒しているのかを見定め、誰にトスを上げれば相手の裏をつけるのか、そしてそのトスを上げるために、どうレシーブを行っていけばいいか、常日頃の練習からそれを意識しているそうだ。
単に粘ってチャンスをうかがうのではなく、相手の動きを読んで自らチャンスを作り出す。それが鹿児島女子のバレーなのである。

おすすめの記事