「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018年春高バレー】前回の準優勝校に注目!就実高校の春高予想

2017 11/10 12:24Mimu
バレー 室内
このエントリーをはてなブックマークに追加

春高準優勝もインターハイでは3回戦敗退

2017年の春高バレーでは、見事に準優勝という結果を残した岡山県の就実高校。準々決勝で八王子実践、準決勝で金蘭会と、強豪校を次々に撃破するなど、快進撃を見せた大会であった。
特に金蘭会戦は、第5セットまでもつれる熱戦で、第3セット終了時でセットカウント1-2と追い込まれながら、第4、第5セットを連取するという、大逆転勝利を収めている。

県内ではほとんど無敵の存在であり、前回の春高で実に40度目の出場を誇っている。しかし、新チームとなったインターハイでは、残念ながら3回戦で敗退してしまった。
優勝候補の一角と予想されていながら、早々と姿を消すこととなってしまった。彼女たちの力は、まだまだこんなものではないはずだ。2018年春高バレーこそ、全国のトップに立つことが出来るだろうか。

OGの西畑監督の元、基礎から徹底的に練習

就実高校のバレーでは、とにかく基礎を重視している。現在チームの指揮をとる西畑美希監督は、この就実高校の卒業生。監督自信も、この就実高校で基礎を徹底的に鍛え、強くなってきた。
2011年からコーチ、2015年から監督に就任し、翌2016年にはインターハイ3位、国体4位、そして春高バレー準優勝と、着実に結果を出している。

監督が現役生だった頃に、就実高校はインターハイと国体の2冠を達成しているが、それ以降、就実高校は全国の頂点に立っていない。それだけに、優勝にかける想いは、選手たちにも負けないくらい強いものをもっている。

おすすめの記事