「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018年春高バレー】3連覇なるか!?下北沢成徳の春高予想

2017 11/10 12:24Mimu
バレー
このエントリーをはてなブックマークに追加

昨年はインターハイ・春高バレーの2冠を達成

昨年は黒後愛(現:東レアローズ)という絶対的な選手を擁し、インターハイ・春高バレーの2冠を達成した下北沢成徳高校。春高バレーでは前年度も優勝しており、これで2連覇となった。
しかし、新チームになり、迎えたインターハイでは準々決勝敗退。ベスト8という結果に終わってしまっている。その後10月に行われた国体でも5位。どちらも十分立派な成績であるのだが、彼女たちからすれば満足のいく結果ではないだろう。

しかし、まだ春高バレー3連覇の可能性は残されている。ここをしっかりと取って、1年をきれいに締めくくりたいところだ。今回は2018年春高バレーに向けて、下北沢成徳の注目ポイントを紹介しよう。

勝利のカギを握る2年生エース

下北沢成徳の鍵を握る選手は、やはり石川真佑だろう。昨年も1年生ながらレギュラーメンバーとして活躍。2年生になった今年は、エースナンバーである「背番号1」をつけて全国の舞台に帰ってきた。
実はインターハイ予選の直前に左足首を捻挫してしまったが、それでも試合に出場し続け、チームを都大会優勝に導いている。バレーにかける情熱や責任感は、人一倍強い。

兄は全日本でも活躍を見せている石川祐希(現:中央大学)、彼もまた愛知の星城高校時代からスーパーエースとして活躍し、圧倒的な存在感を放つ選手であった。
しかし妹の真佑も、バレーのセンスや勝負強さでは、全く引けを取っていない。今後の下北沢成徳のみならず、女子バレー界を背負って立つ逸材だ。2020年の東京オリンピックでも、注目すべき選手の1人である。

おすすめの記事