「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018年春高バレー予想】激戦区京都から全国の頂点へ!洛南高校

2017 11/10 12:24Mimu
バレー 室内
このエントリーをはてなブックマークに追加

春高ベスト8もインターハイ出場を逃す

2017年の春高バレーでは、ベスト8という成績を残した京都の洛南高校。前年の大会でも同じくベスト8という結果を残しており、2年連続で全国で結果を出すことが出来た。
しかし、選手たちはまだまだ満足していない。目指すべきは全国制覇である。新チームになってからも、3月の私学大会で優勝しており、現状でも全国トップクラスの実力は持っている。

しかし全国制覇のための最大のライバルは、東山高校だ。
2017年のインターハイ、洛南は東山に敗れてしまい、出場権を得ることは出来なかった。インターハイ予選に限っていえば、昨年から2連敗中。当然、春高バレーに出場するためにも、まずは東山高校を倒さなければならない。お互いが全国区の力を持つこの2校の対決、一体どうなるだろうか。

昨年原動力になった1年生選手が注目

前回の春高バレーでは、1年生選手たちの活躍がベスト8の原動力となった。その中でも、もっとも注目されているのが大塚達宣だ。身長192cmの長身から放たれるスパイクは威力抜群。敗退した高川学園戦でも何本ものスパイクを決めており、非常に大きなインパクトを残していた。

3月に行われた「アジアユース男子世界選手権大会」のUー19日本代表にも選出され、見事に全勝優勝に貢献。さらに8月には「世界ユース男子選手権大会」の代表として、ヨーロッパなどの強豪チームとの経験を積んだ。
セミファイナルラウンドでロシアに負けてしまったものの、3位決定戦で韓国に勝利。大塚も全試合でスタメン出場し、自身の実力が十分に世界に通用することを証明する大会となった。

おすすめの記事