「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018年春高バレー予想】激戦区京都から全国の頂点へ!洛南高校

2017 11/10 12:24Mimu
バレー 室内
このエントリーをはてなブックマークに追加

春高ベスト8もインターハイ出場を逃す

2017年の春高バレーでは、ベスト8という成績を残した京都の洛南高校。前年の大会でも同じくベスト8という結果を残しており、2年連続で全国で結果を出すことが出来た。
しかし、選手たちはまだまだ満足していない。目指すべきは全国制覇である。新チームになってからも、3月の私学大会で優勝しており、現状でも全国トップクラスの実力は持っている。

しかし全国制覇のための最大のライバルは、東山高校だ。
2017年のインターハイ、洛南は東山に敗れてしまい、出場権を得ることは出来なかった。インターハイ予選に限っていえば、昨年から2連敗中。当然、春高バレーに出場するためにも、まずは東山高校を倒さなければならない。お互いが全国区の力を持つこの2校の対決、一体どうなるだろうか。

昨年原動力になった1年生選手が注目

前回の春高バレーでは、1年生選手たちの活躍がベスト8の原動力となった。その中でも、もっとも注目されているのが大塚達宣だ。身長192cmの長身から放たれるスパイクは威力抜群。敗退した高川学園戦でも何本ものスパイクを決めており、非常に大きなインパクトを残していた。

3月に行われた「アジアユース男子世界選手権大会」のUー19日本代表にも選出され、見事に全勝優勝に貢献。さらに8月には「世界ユース男子選手権大会」の代表として、ヨーロッパなどの強豪チームとの経験を積んだ。
セミファイナルラウンドでロシアに負けてしまったものの、3位決定戦で韓国に勝利。大塚も全試合でスタメン出場し、自身の実力が十分に世界に通用することを証明する大会となった。

中学時代に全国優勝経験のある選手が多い

昨年の原動力になった1年生は、大塚だけではない。同じくアタッカーとして活躍した垂水優芽、そして中島明良にも注目していきたいところだ。

垂水は中学時代「全国都道府県対抗中学バレーボール大会」に滋賀県代表として出場し、そこで全国制覇をした経験がある。垂水はその滋賀選抜チームのエースとしてチームを引っ張り、優秀選手にも輝いた。
身長は185cmと大塚ほどではないが、最高到達点では大塚と肩を並べている。恵まれたバネを持った選手だ。パワフルなスパイクでは、大塚に負けていない。

中島も、石川県白山市立光野中学校時代に、全国中学バレーボール大会を制覇した経験を持つ選手だ。決勝では強豪の駿台学園中等部をストレートで破っており、中島も優秀選手に輝いている。
彼のスパイクも、やはり他の2人に負けないくらい強力だ。クイックなどの、細かいテクニックも持ち合わせている。大塚、垂水、そして中島。この3枚看板で、全国の頂点を狙いに行く。

チームの命運を握るセッター・山本龍

となると、洛南高校でもっとも重要になるのが、セッター山本龍の働きだろう。垂水と同じく、中学時代は滋賀県の代表として全国都道府県対抗中学バレーボール大会に出場。セッターとしてチームの優勝に大きく貢献した。
そして昨年の春高でも、この強力なアタッカー陣を上手く使い分け、ベスト8の原動力となった。

セッターはチームの司令塔と呼ばれるほど大事なポジション。ゲームがどう動いていくかは、山本に左右されることとなる。チームの命運は、彼が握っているといってもいい。能力の高い洛南の選手の中でも、もっとも注目すべき選手だろう。

まずは府内最大のライバル撃破なるか

1年生ながらあれだけ躍動した彼らは、この1年間でさらに成長し、前年以上に春高を盛り上げてくれるだろう。そのためには、まずは県予選で優勝しなければならない。最大のライバルであり、同じく全国区の実力を持っている東山高校を倒す必要がある。
だが彼らならきっとやってくれる。2018年春高バレーの主役になるのは、洛南高校だ。

関連記事

おすすめの記事