「スポーツ × AI × データ解析でスポーツの観方を変える」

【2018年春高バレー】多才な攻撃で全国制覇!開智高校の春高予想

2017 11/10 12:24Mimu
バレー
このエントリーをはてなブックマークに追加

インターハイ準優勝という成績を収めた開智高校

2017年、22年連続のインターハイ出場を決めた和歌山県の開智高校。県内では他校を寄せ付けないほどの圧倒的な強さを誇っている。野球では智辯和歌山、そしてバレーでは開智高校といった感じだ。今回のインターハイでも準優勝という好成績を収めており、春高バレーでも大きな期待がかかる。

特にここ数年の近年の成績は良好。2014年・2015年のインターハイでは2年連続の3位、7月に行われた近畿大会では5年ぶりの優勝を果たし、その勢いでインターハイも準優勝を収めることができた。国体でも5位と結果を残している。となると、次なる目標は、春高バレー制覇だ。

セッターの中野を中心とした多彩な攻撃が武器

開智高校バレー部は、とにかく総合的なチーム力が高い。攻撃面でも守備面でも高いレベルを誇っている。さらに攻撃のバリエーションも豊富で、高校生とは思えないほどの緻密なバレーをするのが特徴だ。

この細やかな開智バレーを支えているのが、セッターの中野倭(3年)である。クイック、ブロード、バックアタック、とにかくトス回しが非常に上手く、インターハイ決勝の鎮西高校戦では、なんと片手だけでバックトスを上げたほどである。

おすすめの記事